連載

的川博士の銀河教室

宇宙開発の歴史や宇宙に関する最新ニュースについて、JAXA名誉教授の的川泰宣さんが解説する長寿連載です。

連載一覧

的川博士の銀河教室

540 米国の有人宇宙船「クルードラゴン」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

フロリダ沖に無事帰還

 米国の宇宙ベンチャー、スペースX社の有人宇宙船「クルードラゴン」がさる3月8日、6日間の試験飛行を終えて地球に帰還しました。今回はその詳報(しょうほう)です。前回書いた通り、無人の飛行試験で、国際宇宙ステーション(ISS)とのドッキングに成功し、有人飛行に大きく前進しました。

 ドッキング後は、ISSに滞在(たいざい)するアン・マクレーン飛行士らが、運んできた荷物をISSに運び入れたり、微小重力(びしょうじゅうりょく)状態に入ったことを示す地球の形のぬいぐるみ「リトルアース」と戯(たわむ)れたりするほほ笑ましいシーンもありました(写真1)。

 帰路には、リトルアースはISSに残し、飛行環境(かんきょう)をモニターした人形「リプリー」やISSから運び入れた約136キロの貨物を載(の)せた「クルードラゴン」は、この日午前2時30分ごろ(米東部時間)ISSから分離(ぶんり)し(写真2)、そのまま軌道(きどう)飛行を続けて、スラスター(推進装置)を4回噴射(ふんしゃ)し、制御(せいぎょ)しながら大気中を降下していきました。

この記事は有料記事です。

残り831文字(全文1304文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい