連載

的川博士の銀河教室

宇宙開発の歴史や宇宙に関する最新ニュースについて、JAXA名誉教授の的川泰宣さんが解説する長寿連載です。

連載一覧

的川博士の銀河教室

543 はやぶさ2観測で判明

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

リュウグウに水の存在

 小惑星(しょうわくせい)探査機「はやぶさ2」に関連して先月、うれしいニュースが舞(ま)い込(こ)んできました。

 「はやぶさ2」が探査を続けている小惑星リュウグウ(図1)について、JAXA(宇宙航空研究開発機構)と会津(あいづ)大学、東京大学、名古屋大学などで作る研究チームは、これまでの赤外線観測の結果、岩石に取り込まれた形で水が存在することを確認したと発表しました。岩石の中に水の成分が存在する時に特徴的(とくちょうてき)に表れる反応が出たということです(図2)。まあ、竜宮城(りゅうぐうじょう)に水があるのは当たり前かもしれませんが……(笑い)。

 しかし、「リュウグウ」の表面に私たちがふだん目にする液体の水や氷が存在しているわけではありません。岩石に取り込まれる形で存在しているということで、こうした岩石は「含(がん)水(すい)鉱物(こうぶつ)」と呼ばれています。

この記事は有料記事です。

残り626文字(全文1022文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい