連載

的川博士の銀河教室

宇宙開発の歴史や宇宙に関する最新ニュースについて、JAXA名誉教授の的川泰宣さんが解説する長寿連載です。

連載一覧

的川博士の銀河教室

545 ブラックホール撮影に成功

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

望遠鏡をつなぎ地球サイズに

 今や「ブラックホール」という言葉は、天文学の「超(ちょう)有名人」です。ブラックホールの周辺では時間と空間がゆがみ、そこの物質は猛烈(もうれつ)に加熱されます。光がブラックホールに近づくと、軌道(きどう)が曲げられ、のみ込(こ)まれたりします。一度のみ込まれると、もう決して外へ出られません。まわりの熱い所は輝(かがや)いて見え、ブラックホール自体からは光が出て来ないので真っ黒になるはず。遠くから見ると、光の来ないブラックホールのあたりが、まるで私たちが日常的に見る「影(かげ)」のようになっているということですね(図1)。天文学者たちは、それを「ブラックホール・シャドー」と呼び、何とか写真に撮(と)って、この目で見たいと思い続けてきました。

 遠くのものを拡大してみる望遠鏡の技術は、17世紀以来長足の進歩を遂(と)げ、その口径を大きくすればするほどたくさんの光が集められ、技術の進歩も相まって、ますますかすかな光をとらえるようになってきました。

この記事は有料記事です。

残り1010文字(全文1449文字)

あわせて読みたい