連載

疑問氷解

読者から寄せられた身の回りの素朴な疑問、もやもやしていることについて、記者が取材しお答えします。これであなたもすっきり!?

連載一覧

疑問氷解

なぜこどもの日にはこいのぼりを揚げるの?

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
 大型クレーンでつり上げられ、大空を泳ぐ全長100メートルの「ジャンボこいのぼり」=埼玉県加須市の利根川河川敷で2017年5月3日、本社ヘリから 拡大
 大型クレーンでつり上げられ、大空を泳ぐ全長100メートルの「ジャンボこいのぼり」=埼玉県加須市の利根川河川敷で2017年5月3日、本社ヘリから
『続清鉋』=吉徳資料室提供 拡大
『続清鉋』=吉徳資料室提供
1992年に第32字南極観測隊によって南極に飾られたこいのぼり=徳永こいのぼり提供 拡大
1992年に第32字南極観測隊によって南極に飾られたこいのぼり=徳永こいのぼり提供

 Q なぜこどものにはこいのぼりをげるの?(東京都東久留米市とうきょうとひがしくるめししょう6)

つよいコイのように」成長せいちょうへのねが

 A 5がついつかの「こどもの」は、どものすこやかな成長せいちょうねがっていわです。こいのぼりやかぶとをかざったり、かしわもちやちまきをべたりします。

 コイは生命力せいめいりょくつよさかなです。「たきのぼったコイはりゅうになる」という中国ちゅうごくつたわる「登竜門とうりゅうもん伝説でんせつから、出世しゅっせ象徴しょうちょうとされています。つまり、縁起えんぎのいいさかなにあやかって、おとこ成長せいちょうへのねがいがめられています。また、いえそとにこいのぼりをげることは、てんかみ地域ちいきひとに「おとこまれた」とつたえるというならわしでもあります。

 こどもの端午たんご節句せっくともい、もともとは奈良時代ならじだい宮中きゅうちゅうおこなわれていた行事ぎょうじです。病気びょうきわざわいをけるためにショウブでつくった人形にんぎょうやみこしをかざっていました。江戸時代えどじだい初期しょきには、おとこ誕生たんじょう成長せいちょういわい、武家ぶけではきぬつくったのぼりやはたてるようになりました。

 ところが、これは庶民しょみんにはゆるされず、わりに木綿もめんかみいたのぼりをてました。そののぼりにコイをいたのが、こいのぼりのはじまりです。江戸時代えどじだいの1745ねん刊行かんこうされた「ぞくきよがんな」には、中国ちゅうごくかみしょう」をいたのぼりのかざりに、コイが使つかわれている様子ようすえがかれています。これがこいのぼりの最初さいしょかたちです。江戸時代えどじだい後期こうきになると、付属ふぞくだったかざりのほう独立どくりつしてかざられるようになり、現在げんざいのようなかたちになりました。

 こどものには、全国各地ぜんこくかくちいろとりどりのこいのぼりがられますが、江戸時代えどじだい黒色こくしょくごいのみでした。明治時代めいじじだいあかいひごいがつくられ、1ぽんのさおに複数ふくすうのこいのぼりとしきながしをかざるスタイルがまれました。1962ねんにはナイロンせいのカラフルなこいのぼりが発売はつばいされ、だいヒットしました。

 こいのぼりを製造せいぞうする業者ぎょうしゃでつくる日本にっぽんこいのぼり協会きょうかい渡辺わたなべ要市よういちさんは「くいをうたずにかざれるスタンドしきや、室内しつないかざるモビールタイプが最近さいきんよくれている」とはなしています。【田嶋夏希たじまなつき

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る