連載

的川博士の銀河教室

宇宙開発の歴史や宇宙に関する最新ニュースについて、JAXA名誉教授の的川泰宣さんが解説する長寿連載です。

連載一覧

的川博士の銀河教室

546 はやぶさ2の挑戦

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

観測で人工クレーター確認

 探査機「はやぶさ2」チームはさる4月25日、小惑星(しょうわくせい)リュウグウに銅の塊(かたまり)を衝突(しょうとつ)させた地点を上空から観測し、人工クレーターができていることを確認しました(写真1の左)。小惑星でのクレーター形成に成功したのは世界初です。

 「はやぶさ2」が上空約1.7キロまで近づき撮影(さつえい)した画像と、インパクター(衝突装置)から放った銅の塊を衝突させる前の3月の画像(写真1の右)とを比較(ひかく)すると、リュウグウの表面がくぼんで、噴出(ふんしゅつ)物が周囲に積もって暗くなっている様子が確認できますね。これが世界初の小惑星表面にできた人工クレーターです。直径は10メートル以上に見えます(写真2)。

 直径が「10メートル以上」というのは、はやぶさ2チームが想定していた最大級のものだったそうです。深さがどれくらいかを現在解析(かいせき)中で、画像をもとに地形を詳(くわ)しく分析(ぶんせき)していく作業を急いでいます。

この記事は有料記事です。

残り1031文字(全文1469文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい