連載

毎小ニュース

最新ニュースや世界の出来事を、分かりやすく、的確にお伝えします。スクラップのための素材として最適です。

連載一覧

毎小ニュース

科学 「ゲーム障害」は病気 攻撃性高まることも WHOが正式決定

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ゲーム障害ガイドライン 拡大
ゲーム障害ガイドライン
小学生のゲーム依存の疑いの推移 拡大
小学生のゲーム依存の疑いの推移

 世界保健機関せかいほけんきかん(WHO)は25にち、ゲームのやりぎで普段ふだん生活せいかつおくるのがむずかしくなる「ゲーム障害しょうがい」を依存いそんしょうという病気びょうきであると正式せいしきめました。ゲーム障害しょうがいになりやすいのは、どもや若者わかものです。ゲームとどうつきあうか注意ちゅうい必要ひつようです。

 オンラインゲームに夢中むちゅうになるひとえたのは、スマートフォンやタブレットで気軽きがるにプレーできるようになったからです。

 鹿児島市内かごしましない診療しんりょうじょひら心療内科しんりょうないか医師いし増田ますだ彰則あきのりさん(67)は、鹿児島県かごしまけんない小中学生しょうちゅうがくせいらを対象たいしょうに、アメリカの医学会いがっかい基準きじゅん使つかってネットゲームと睡眠すいみんについてアンケートをっています。2018ねん調査ちょうさでネット・ゲーム依存いそんうたがいがあると判定はんていされた小学校しょうがっこうていがくねん男子だんし保護者ほごしゃ回答かいとう)は20%、こうがくねん男子だんしは18%にたっしました。

 どもがゲーム依存いそんになりやすいのは、のう未熟みじゅく発達段階はったつだんかいにあり、大人おとなよりゲームの刺激しげきけやすいためです。ゲーム依存症いそんしょうになるまでの期間きかん大人おとなよりみじかく、ぎゃく回復かいふくはしにくいため、深刻しんこくです。対戦たいせんがたゲームできそう「eスポーツ」は将来しょうらいはオリンピック種目しゅもくにとのこえもあり、人気にんきていますが、この練習れんしゅうでも、どもの場合ばあいは、時間じかんなどの管理かんり必要ひつよう指摘してきされています。

 ゲーム依存いそんには、のめりんで生活せいかつみだれるだけではないこわさもあります。

 <ゲームをする時間じかんめてもまもらない小学しょうがくねん男子だんし。やめさせようとする母親ははおや暴言ぼうげん暴力ぼうりょくびせ「イライラする」と友人ゆうじんなぐった>

 <ゲームを母親ははおやげられた小学しょうがくねん男子だんし包丁ほうちょうまわしたため、母親ははおやおさないきょうだいをれてし、警察けいさつんで緊急入院きんきゅうにゅういんさせた>

 これらは、増田ますださんが診療所しんりょうじょ実際じっさい診察しんさつしたケースです。海外かいがい研究けんきゅうでは、暴力ぼうりょくてきなゲームなどを長時間ちょうじかんつづけると、他人たにんいたみをかんじる神経しんけい活動かつどうおさえられ、攻撃こうげきせいたかまるとの報告ほうこくもあります。

診断しんだん治療ちりょう期待きたい

 WHOがゲーム障害しょうがいを「病気びょうき」とさだめたことでなにわるのでしょうか。WHOは今回こんかい国際疾病分類こくさいしっぺいぶんるいという病気びょうきのリストのなかに「ゲーム障害しょうがい」をくわえました。日本にっぽん病院びょういん診療所しんりょうじょは、このリストをもとに検査けんさおこない、くすりしています。リストにくわえられたことで、専門せんもん医師いしがいなくても診断しんだん治療ちりょうができるようになりそうです。また、治療法ちりょうほう開発かいはつすすむことも期待きたいされています。

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る