連載

疑問氷解

読者から寄せられた身の回りの素朴な疑問、もやもやしていることについて、記者が取材しお答えします。これであなたもすっきり!?

連載一覧

疑問氷解

運動神経って何? 目に見える?

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
運動能力の良しあしは脳からの指令による 拡大
運動能力の良しあしは脳からの指令による

 Q 運動神経うんどうしんけいってなに? える?(神奈川県川崎市かながわけんかわさきしちゅう1)

のう情報じょうほう伝達でんたつ運動うんどう能力のうりょくめる

 A 脳科学者のうかがくしゃ青山学院大学あおやまがくいんだいがく理工学部りこうがくぶ教授きょうじゅ平田ひらたひろさんにおしえてもらいました。

     ◇

 まず最初さいしょに「運動神経うんどうしんけい」という言葉ことばなに意味いみしているのか、そこからかんがえる必要ひつようがあります。

 「運動神経うんどうしんけいがいい」というかたをしますが、これはふつう、ちょっとの練習れんしゅう運動うんどうができるようになることや、はじめからからだうごかしかた上手じょうずなことをあらわします。運動うんどう能力のうりょくたかいという意味いみで「運動神経うんどうしんけいがいい」という言葉ことば使つかっているのです。

 では、運動うんどう能力のうりょくたかさをめる「神経しんけい」はあるのでしょうか。

 神経しんけいは、からだなかそとからられた情報じょうほうのうつたえ、のうからの指令しれいからだかく部位ぶいつたえる役割やくわりたします。背骨せぼねとお脊髄せきずいなかには「運動神経うんどうしんけい細胞さいぼう」という神経細胞しんけいさいぼうがありますが、そのはたらきは、筋肉きんにくに「うごけ」という命令めいれいつたえるだけです。運動神経うんどうしんけい細胞さいぼうとく個人差こじんさはなく、運動うんどう能力のうりょくしあしをめるものではありません。

 運動うんどう能力のうりょくめるのは、運動神経うんどうしんけい細胞さいぼう命令めいれいつたえるまでの経路けいろです。運動うんどうするときは、大脳だいのう状況じょうきょうった運動うんどうえらび、脳幹のうかんが「うごけ」という命令めいれいします。このとき、脳幹のうかんとつながる小脳しょうのうが「うごき」を調整ちょうせいしたうえで、「うごけ」という命令めいれい運動神経うんどうしんけい細胞さいぼうへとつたえられます。

反復はんぷく練習れんしゅうでよくなる

 ここで大事だいじなのが小脳しょうのうかんがえられています。何度なんど練習れんしゅうかえすと、小脳しょうのうでの情報じょうほう伝達でんたつのタイミングや効率こうりつつたわる度合どあい)が変化へんかします。これにより、小脳しょうのうからだ上手じょうずうごかしかた学習がくしゅうするので、反復はんぷく練習れんしゅうによって運動うんどうがうまくできるようになるのです。

 運動うんどう得意とくいひとでも苦手にがてひとでも、反復はんぷく練習れんしゅうをすることで運動うんどうはうまくなります。到達とうたつレベルはひとそれぞれですが、かつての自分じぶんよりかなら上達じょうたつします。なかでも小中学生しょうちゅうがくせいは、練習れんしゅうをすればするほどうまくなります。ドッジボールでもダンスでも、とにかく練習れんしゅうつづけてみてください。<え・内山大助>


疑問募集ぎもんぼしゅう

 まわりの素朴そぼく疑問ぎもんをおちしています。はがきにいて、〒100-8051(住所じゅうしょはいりません)毎日小学生新聞まいにちしょうがくせいしんぶん疑問氷解ぎもんひょうかいがかりへおせください。

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る