連載

的川博士の銀河教室

宇宙開発の歴史や宇宙に関する最新ニュースについて、JAXA名誉教授の的川泰宣さんが解説する長寿連載です。

連載一覧

的川博士の銀河教室

555 NASAが探査機を土星の衛星へ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

ドローン型、生命の謎を探る

 NASA(米航空宇宙局)は、土星の最大の衛星タイタンに無人探査機を送ると発表しました。わずかな重力や大気があるタイタン(図1)で生命の謎を探ろうというのです。

 その計画に使われるのは、ドローン型の探査機で、打ち上げが2026年、タイタン到着(とうちゃく)は34年になる見込(みこ)みです。

 タイタンは、木星の衛星であるガニメデに次いで、太陽系では2番目に大きな衛星です。一番小さい惑星(わくせい)である水星よりも大きいので、まるで「惑星みたいな衛星」なのですが、氷で覆(おお)われていて、質量は水星の40%くらいしかありません。衛星としてはめずらしく厚い大気に包まれています。

この記事は有料記事です。

残り954文字(全文1256文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい