連載

的川博士の銀河教室

宇宙開発の歴史や宇宙に関する最新ニュースについて、JAXA名誉教授の的川泰宣さんが解説する長寿連載です。

連載一覧

的川博士の銀河教室

560 人類初の月面着陸から50年/4

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

アラームでも「ゴー!」

 司令船から離(はな)れて月面に向けて降下を開始した月着陸船「イーグル」。着陸まで7分半。コンピューターが突然(とつぜん)警報を発し、「1202」という数字を告げました。船長のニール・アームストロングが、「プログラム・アラーム1202の意味を教えてくれ!」と叫(さけ)んでいます。

 無数のスイッチが並ぶ計器盤の真ん中に“ABORT”と書かれた赤い大きなボタンがあります。これを押(お)すと、緊急(きんきゅう)退避(たいひ)プログラムが作動し、月着陸は中止されます。地上の管制センターの人々(ひとびと)の頭に、着陸中止の考えがちらつきました。管制全体を指揮しているディレクターはジーン・クランツという人です(写真1)。彼(かれ)をはじめとするみんなの視線が、1人の人物に注がれました…

この記事は有料記事です。

残り1084文字(全文1435文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい