連載

的川博士の銀河教室

宇宙開発の歴史や宇宙に関する最新ニュースについて、JAXA名誉教授の的川泰宣さんが解説する長寿連載です。

連載一覧

的川博士の銀河教室

562 人類初の月面着陸から50年/6

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

ソフトウエアが輝く日

 アポロ11号の最大のピンチだったあのアラームをめぐって、米国ヒューストンの管制センターと月面に向けて降下中の着陸船「イーグル」との緊迫(きんぱく)した会話が続く中、地球ではもう一つの闘(たたか)いが繰(く)り広(ひろ)げられていました。アラームには、アポロ誘導(ゆうどう)コンピューター(AGC)が関係していることは確かです。ソフトウエアを担当したMIT(マサチューセッツ工科大学)のIL(器械工学研究所)に、NASA(米航空宇宙局)から緊急(きんきゅう)電話が入りました。「相次ぐアラームの原因をつきとめてくれ!」

 ILでは、凄(すさ)まじい勢いでシミュレーションを実施(じっし)し、現象の再現を試みました。指揮をとるのはマーガレット・ハミルトン(写真1)。AGCのソフトウエアをつくりあげたILの最高責任者です。NASAからは5分おきくらいに電話が来ます。絶対につきとめなければなりません。

この記事は有料記事です。

残り1073文字(全文1481文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい