メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニュース知りたいんジャー

商業捕鯨再開 クジラと日本人、そして世界の目

「紀州太地浦鯨大漁之図」(部分)。幕末の1861年の作品で、和歌山県沖でクジラに網をかけてもりを撃つ場面が描かれています=太地町立くじらの博物館提供

[PR]

千葉県南房総市にある「道の駅和田浦WA・O!(ワオ)」では、「クジラの竜田揚げ」などの学校給食を再現した「くじら給食」(648円)が販売されています。房総半島では江戸時代から捕鯨が根づいてきました

 日本政府にっぽんせいふは7がつにくなどをるためにクジラをる「商業捕鯨しょうぎょうほげい」を31ねんぶりに再開さいかいしました。うみかこまれた列島れっとうらしてきた日本人にっぽんじんふるくからクジラとかかわり、鯨食げいしょく文化ぶんかきずいてきましたが、クジラを保護ほごすべき野生動物やせいどうぶつかんがえるはん捕鯨ほげいこくからはきびしいられています。【木村健二きむらけんじ

 ◆おも参考文献さんこうぶんけん

商業捕鯨が再開し、小型捕鯨船から水揚げされるミンククジラ=北海道釧路市で2019年7月1日

 大隅清治おおすみせいじ「クジラと日本人にほんじん」(岩波新書いわなみしんしょ)▽小松正之こまつまさゆき日本にほん鯨食文化げいしょくぶんか」(祥伝社新書しょうでんしゃしんしょ)▽中園なかぞのしげ日本にほん捕鯨ほげい概説がいせつ】」(古小烏ふるこがらすしゃ

いつからクジラをはじめた?

 クジラはみずなかきる哺乳類ほにゅうるいです。イルカもその仲間なかまです。シロナガスクジラは、体長たいちょう34メートル、体重たいじゅう190トンという記録きろくがあり、世界最大せかいさいだい動物どうぶつです。

 日本にっぽんでは、縄文時代じょうもんじだい遺跡いせきからイルカやクジラのほね相次あいついでつかっています。日本にほん最大級さいだいきゅう縄文時代じょうもんじだい集落しゅうらくあととしてられる、青森市あおもりし三内丸山遺跡さんないまるやまいせきやく5900ねんまえ~4200ねんまえ)でも、イルカやクジラのほね出土しゅつどしました。

 このころは、たまたま浜辺はまべげてうごけなくなったクジラを解体かいたいしたり、きし近寄ちかよってきたイルカのれをとったりしていたようです。にくべていたほか、ひらたくまるいクジラのほねが、土器どきつくとき道具どうぐとして使つかわれていました。

むかしひとはどうやってっていた?

 日本にっぽん伝統でんとうてきなクジラのかたは「古式捕鯨こしきほげい」とばれています。

 室町時代むろまちじだいになると、複数ふくすうふねうみにこぎし、もりでクジラをく「しき捕鯨ほげい」がおこなわれるようになりました。江戸時代えどじだいはいった1606ねんには、太地たいじいま和歌山県太地町わかやまけんたいじちょう)で捕鯨ほげい専門せんもん仕事しごとにするひとたちのあつまり「くじらぐみ」がつくられました。これが日本にっぽん最初さいしょにできたくじらぐみです。

 さらに太地たいじでは、1675ねん画期的かっきてきかた開発かいはつされました。あみをかぶせてクジラのうごきをにぶくしてから、もりでく「あみしき捕鯨ほげい」です。あみしき捕鯨ほげいは、四国しこく九州きゅうしゅうなどの西日本にしにほんひろがっていきました。当時とうじは「くじらいっとうればななさとにぎわふ(う)」(クジラ1とうをとれば、ななつのさとがうるおう)ということわざもあり、クジラはうみめぐみを人々ひとびとにもたらしてくれるものでした。

ったクジラはどうするの?

 日本にっぽんでは、クジラ1とうまるごとすべてをのこさずに使つかってきました。日本にっぽん捕鯨ほげいおおきな特徴とくちょうです。

 みなとちかくでは、新鮮しんせんなうちににくかわを刺し身(さ み)にしてべました。にくかわ内臓ないぞう一部いちぶ保存ほぞんくように塩漬しおづけにしました。とおはなれた場所ばしょはこんでも、みずもどしてべることができました。

 したを「さえずり」とぶなど、クジラのからだ部位ぶいこまかながつき、ゆたかな食文化しょくぶんか花開はなひらきました。かわあぶらいた「コロ」は、関西かんさいのおでんの代表だいひょうてき具材ぐざいです。

 かわほね内臓ないぞうたり、いったりして鯨油げいゆりました。鯨油げいゆは、かりりのあぶらとして使つかわれたほか、イネの害虫がいちゅう駆除くじょする農薬のうやくとしても使つかわれました。ほね武器ぶき工芸こうげいひん材料ざいりょうとされ、くだいたほね肥料ひりょうにもなりました。独特どくとく弾力だんりょくつクジラのヒゲは、文楽ぶんらく人形にんぎょううごきを表現ひょうげんする仕掛しかけのバネなどにまれてきました。

 一方いっぽう、ヨーロッパやアメリカの捕鯨ほげいおも目的もくてきは、鯨油げいゆをとることで、ふねうえあぶらったのちにくほねうみてていました。鯨油げいゆは、かりや機械きかいあぶらとして使つかわれ、産業革命さんぎょうかくめいささえました。アメリカの使節しせつペリーが1853ねん浦賀うらがいま神奈川県横須賀市かながわけんよこすかし)にやってきたのは、捕鯨ほげい船員せんいんへのみずもの補給ほきゅうもとめることが目的もくてきひとつでした。

かたわった?

 ノルウェーで1864ねんつないたもりをふねさきから発射はっしゃしてクジラを漁法ぎょほう「ノルウェーしき捕鯨ほげい」が開発かいはつされました。シロナガスクジラなどを確実かくじつれるようになり、世界中せかいじゅうひろまりました。日本にっぽんでも19世紀末せいきまつれられ、近代きんだい捕鯨ほげい発展はってんしていきました。

 第二次世界大戦だいにじせかいたいせん捕鯨船ほげいせんは、海軍かいぐん艦艇かんていとして使つかわれたり、しずめられたりしたため、日本にっぽん捕鯨ほげいぎょうおおきな打撃だげきけました。戦争せんそうけた日本にっぽん食糧難しょくりょうなんにおちいり、アメリカの後押あとおしで捕鯨ほげい再開さいかいしました。たんぱくしつ豊富ほうふげいにく栄養えいようげんとしてもてはやされました。学校給食がっこうきゅうしょくでは、クジラの赤肉あかにくにショウガじょうゆをしみこませ、かたくりをまぶしてあぶらげる「クジラの竜田揚たつたあげ」が代表だいひょうてきなメニューになりました。

商業捕鯨しょうぎょうほげい再開さいかい」ってどういうこと?

 りすぎで大型おおがたのクジラがったため、クジラを保護ほごしながら捕鯨ほげい産業さんぎょうつづけていくために国際捕鯨取締条約こくさいほげいとりしまりじょうやくが1948ねん発効はっこう効力こうりょくつこと)しました。国際捕鯨委員会こくさいほげいいいんかい(IWC)ができ、日本にっぽんは51ねん加盟かめいしました。

 しかし、鯨油げいゆ使つかわれなくなるなどして、ヨーロッパのおおくのくに捕鯨ほげいをやめました。IWCは捕鯨ほげい反対はんたいするくにえ、82ねん商業捕鯨しょうぎょうほげいをいったんやめるとめました。日本にっぽんは88ねん商業捕鯨しょうぎょうほげいをやめ、北西ほくせい太平洋たいへいよう南極海なんきょくかいでクジラの生態せいたいなどを調しらべる「調査捕鯨ちょうさほげい」をはじめ、日本にっぽんでは調査ちょうさのためにったクジラのにくべてきました。

 日本政府にっぽんせいふは「生息せいそくすう回復かいふくしてきた」などとして、さくねんがつのIWC総会そうかい商業捕鯨しょうぎょうほげい一部いちぶ再開さいかい提案ていあんしましたが、みとめられませんでした。このため、今年ことしがつまつにIWCを脱退だったいし、商業捕鯨しょうぎょうほげい再開さいかいしました。排他的経済水域はいたてきけいざいすいいき(EEZ、領海りょうかいそとですが自由じゆうりょうができる一定いってい範囲はんい)での「沖合おきあい操業そうぎょう」と「沿岸捕鯨えんがんほげい」です。ねんまつまでに、ニタリクジラ、ミンククジラ、イワシクジラをけい227とう計画けいかくです。なお、ツチクジラなどの捕獲ほかくはIWCで規制きせいされていません。

 捕鯨ほげいまちにとっては、ちにった商業捕鯨しょうぎょうほげい再開さいかいです。日本にっぽん近海きんかい新鮮しんせん鯨肉げいにく出回でまわはじめました。ただ、鯨肉げいにく国内こくない消費量しょうひりょうは60ねんだいには20まんトン前後ぜんごでしたが、きんねんは5000トン前後ぜんごげい肉離にくばなれがすすみました。一方いっぽうで、はん捕鯨ほげいこくなどから国際こくさい裁判さいばんうったえられる可能性かのうせいもあります。IWCを脱退だったいしてまで商業捕鯨しょうぎょうほげい再開さいかいしたことに意味いみはあるのかと心配しんぱいされています。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  2. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  3. ORICON NEWS 山口百恵“伝説の引退コンサート”1度限りの再放送決定 若い世代も感動

  4. 自公、幹部の銀座クラブ出入りで危機感 野党「店罰して議員罰しないのは言語道断」

  5. 新型コロナ・私権制限をどう見る 「政府の責任だけではない」 危機管理の観点で見た第3波 先崎日大教授

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです