連載

疑問氷解

読者から寄せられた身の回りの素朴な疑問、もやもやしていることについて、記者が取材しお答えします。これであなたもすっきり!?

連載一覧

疑問氷解

景気をよくするために、お金をいっぱい作ってはいけないのですか

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 Q 景気けいきをよくするために、おかねをいっぱいつくってはいけないのですか。

景気けいきアップとおし、おかね役立やくたたずに

 A ある、みんなのお財布さいふはいっているおかねえたらどうなるでしょう。

 しかったおもちゃをいにったりしてみんながおかね使つかい、おみせ会社かいしゃ商品しょうひんれて繁盛はんじょうします。たくさんつくるために材料ざいりょう仕入しいれたり、はたらひとやとったり、工場こうじょうてたりします。おみせ会社かいしゃがもうかってはたらひと給料きゅうりょうがれば、みんながもっとおかね使つかってらしをゆたかにしようとします。

 景気けいきわるいのはその反対はんたいです。みんながあまりモノをわず、必要ひつようになるときのためにとっておきます。モノがれなければおみせ会社かいしゃはもうからず、つぶれてしまいます。仕事しごとがなくなるひとてきます。みんなのお財布さいふのおかねり、将来しょうらい不安ふあんおもっておかねをもっと使つかわなくなります。

 ですから、「おかねをいっぱいつくったら、景気けいきがよくなる」とかんがえるのはそのとおりです。

 それなら、くにがおかねをどんどんつくればいいのでしょうか。最初さいしょのうちは景気けいきがよくなるでしょう。そのうち、人々ひとびとしいモノをにいれようとすることに、ほういつかなくなります。そうするとモノの値段ねだんがるインフレーション(インフレ)がこります。大事だいじにとっておいたおとしだまでおもちゃをおうとしても、値上ねあがりしていてりないかもしれません。

 値段ねだんすこしずつがって、給料きゅうりょうもおこづかいもえるなら「おかねはためるより使つかったほうがいい」となってさらに景気けいきがよくなりますが、それでむとはかぎりません。「おかねっていてもなにえなくなってしまう」と人々ひとびとおもはじめたら、おかね手放てばなして、価値かちわりそうにないべつくにのおかねきんなどのモノにえようとします。こうして、みんながおかねしんじなくなると、くにつくったおかねやくたなくなり、だい混乱こんらんになります。

 「そうなるまえに、景気けいきすこしよくなったらおかねつくるのをやめればいい」とおもうかもしれません。でも、歴史れきしかえるとそれがむずかしいことがわかります。そのため、おさつ発行はっこうするのは政府せいふとはべつ日本銀行にっぽんぎんこうで、政府せいふ日本銀行にっぽんぎんこう使つかっておかねをばらまくことも禁止きんしされています。

 最近さいきん日本にっぽんやアメリカで話題わだいになっているおかねかんがかたに「MMT」(現代げんだい貨幣かへい理論りろん)があります。「おかねつくれるくには、税金ぜいきん借金しゃっきんでおかね用意よういする必要ひつようはない。仕事しごとがなくてこまっているひとがいなくなるまで、くにがおかねつくって使つかえばいい」というかんがかたです。

 支持しじするひとは、モノの値段ねだんきゅうがりはじめないうちは問題もんだいないといます。ですが、批判ひはんする意見いけんおおく、おかねづくりをちょうどいいところでめることはむずかしいとっています。【黒崎亜弓くろさきあゆみ

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る