連載

オリパラ大百科

オリンピック(五輪)とパラリンピックの競技・種目の基本のほか、選手たちの人物像に迫ります。

連載一覧

オリパラ大百科

/33 ハンドボール 速い動き、迫力のシュート

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 19~20世紀せいきはじめのヨーロッパでまれた競技きょうぎで、現在げんざいもヨーロッパぜいきょうごうつらねています。日本代表にっぽんだいひょう男女だんじょとも、らいねん東京とうきょうオリンピック(五輪ごりん)に開催国枠かいさいこくわく出場しゅつじょうまっています。男子だんしは1988ねんソウル五輪ごりん以来いらい32ねんぶり、女子じょしは1976ねんのモントリオール五輪ごりん以来いらい44ねんぶりの出場しゅつじょうです。男女だんじょとも12チームでメダルをあらそいます。

 ながさ40メートル、はば20メートルのコートで、1チーム7にんでプレーします。このうち6にんはコートプレーヤー(CP)で、のこる1ひとりはゴールキーパー(GK)です。試合時間しあいじかん前半ぜんはん後半こうはんそれぞれ30ぷんずつ。選手せんしゅはゴールエリアラインのそとから相手あいてチームのゴールめがけてシュートをはなち、ボールがゴールにはいれば1てん。よりおお得点とくてんしたチームがちです。

 選手せんしゅ使つかえるのはひざからうえで、ボールをてるのは3びょうまで。最大さいだい華麗かれいなシュート。おおきくジャンプしたり、たおみながらげたり、さまざまなテクニックを使つかいます。男子だんし選手せんしゅのシュートは時速じそくやく100キロメートル。攻撃こうげき防御ぼうぎょがせめぎい、格闘技かくとうぎのような一面いちめんもあります。はしって、げて、ぶ、迫力はくりょくある球技きゅうぎです。【武本たけもと亮子りょうこ


 ◆忍法帳にんぽうちょう

「おりひめ」と「彗星すいせい

 女子じょし日本代表にっぽんだいひょう愛称あいしょうは「おりひめジャパン」。7がつなのか七夕たなばたにちなむ言葉ことばが、1チーム7にんでプレーするハンドボールのイメージにもつながることからつけられました。一方いっぽう男子だんし日本代表にっぽんだいひょうは「彗星すいせいジャパン」。はやうごきと、力強ちからづよいシュートの軌道きどう彗星すいせいのイメージとかさなることなどから、この名前なまえになりました。

あわせて読みたい