連載

ニュース知りたいんジャー

注目ニュースや身近な話題について、知りたいんジャーが調べます。図やイラスト、写真をたくさん使いわかりやすくお伝えします。

連載一覧

ニュース知りたいんジャー

まだ食べられる! 食品ロス減らそう

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
廃棄される恵方巻きの材料と見られる食品
廃棄される恵方巻きの材料と見られる食品
環境省のホームページに掲載されている「7日でチャレンジ! 食品ロス ダイアリー」
環境省のホームページに掲載されている「7日でチャレンジ! 食品ロス ダイアリー」
商品を手前から取って食品ロスを減らすように呼びかける環境省のキャラクター「すぐたべくん」の表示=
商品を手前から取って食品ロスを減らすように呼びかける環境省のキャラクター「すぐたべくん」の表示=

 まだべられる食品しょくひんててしまう「食品しょくひんロス」をらそうと、「食品しょくひんロス削減さくげん推進すいしんほう」が10がつついたちはじまりました。「賞味期限しょうみきげんれた」「べきれなかった」とものてていませんか。食品しょくひんロスをらすにはどうすればいいか、かんがえてみよう。【野本のもとみどり】

どれくらいてられている?

 農林水産省のうりんすいさんしょう環境省かんきょうしょう推計すいけいによると、日本にっぽんでは1ねんかんで643まんトン(2016ねん)の食品しょくひんが、まだべられるのにてられています。日本人にっぽんじんひとりたりで計算けいさんすると1ねんやく51キログラム、1ひとりたり毎日まいにちちゃわん1ぱいぶんのごはんてているのとおなりょうになるそうです。

 食品しょくひんロスはおおきくけると、家庭かていからるものと、みせなどからるもののふたつにけられます。みせなどから食品しょくひんごみをらすことを義務ぎむづけた「食品しょくひんリサイクルほう」が01ねんはじまりました。00ねんには547まんトンあったみせなどからの食品しょくひんロスは、16ねんには352まんトンにりました。

 政府せいふ食品しょくひんロスを半分はんぶんにすることを目標もくひょうにしています。家庭かていからの食品しょくひんロスは291まんトンと、全体ぜんたいの45%をめています。あたらしくはじまった食品しょくひんロス削減さくげん推進すいしんほうは、国民こくみんみが重要じゅうようだとしています。

ぼくらの「誤解ごかい」が食品しょくひんロスをやしているんだって?

 べられるのにててしまう。そのまちがいがこりやすいのは、消費期限しょうひきげん賞味期限しょうみきげんのちがいがただしく理解りかいされていないからです。食品しょくひん表示ひょうじると「消費期限しょうひきげん」と「賞味期限しょうみきげん」があります。消費期限しょうひきげんは、弁当べんとうやサンドイッチ、総菜そうざい、ケーキ、にくなど日持ひもちがしない食品しょくひん表示ひょうじされています。日付ひづけぎると、急激きゅうげき品質ひんしつ劣化れっかします。一方いっぽう賞味期限しょうみきげんは、スナック菓子がしやカップめん缶詰かんづめなど日持ひもちがする加工食品かこうしょくひん表示ひょうじされています。食品しょくひんロス問題もんだいジャーナリストの井出留美いでるみさんは「消費期限しょうひきげんぎたものはをつけたほうがいいですが、賞味期限しょうみきげんはあくまでおいしさの目安めやすです」といます。

 しかも賞味期限しょうみきげんは、本来ほんらい期間きかんより2わり前後ぜんごみじかめに設定せっていされていることがおおいそうです。本当ほんとうは10かげつつのに、8かげつ設定せっていされているということです。

みせの「3ぶんの1ルール」も問題もんだいなんだって

 食品しょくひんあつか業界ぎょうかいなかには「3ぶんの1ルール」という約束やくそくがあります。賞味期限しょうみきげんが6かげつ加工食品かこうしょくひん場合ばあい食品しょくひんつくるメーカーは製造せいぞうから2かげつ以内いない最初さいしょの3ぶんの1)の商品しょうひんしか、スーパーやコンビニエンスストアにおさめられません。これを「納品のうひん期限きげん」といます。スーパーやコンビニは、製造せいぞうから4かげつ以内いないつぎの3ぶんの1)の商品しょうひんしかたなならべて販売はんばいできません。これが「販売はんばい期限きげん」です。それをぎると、賞味期限しょうみきげんがまだ2かげつあるのに、みせいてもらえません。そしててられます。

 3ぶんの1ルールは、法律ほうりつではありません。食品しょくひん消費者しょうひしゃが、よりあたらしい商品しょうひんもとめるので、メーカーやみせあいだならわしとしておこなわれていることです。しかし、ごみとしててるには、はこぶにもやすにもおかねがかかります。エネルギーも使つかい、地球温暖化ちきゅうおんだんか原因げんいんひとつの二酸化炭素にさんかたんそします。

 みずほ総合研究所そうごうけんきゅうじょ調査ちょうさでは、廃棄はいきにかかるおかねはスーパー全体ぜんたいねんかん4490おくえん、レストランなどの外食産業がいしょくさんぎょうは2986おくえんです。「関係かんけいない」とおもっていても、まわまわって食品しょくひん価格かかく上乗うわのせされ、わたしたち消費しょうひしゃ負担ふたんになります。

どうやってらす?

 政府せいふはスーパーやコンビニなどにおねがいをして、賞味しょうみ期間きかんが6かげつ以上いじょう菓子かしやカップめん納品のうひん期限きげん見直みなおしをはじめてもらいました。また、「ねん月日がっぴ」まで表示ひょうじしている賞味期限しょうみきげん表示ひょうじを「ねんげつ」だけにすることもすすめられています。

 コンビニも対策たいさくはじめました。ファミリーマートは今年こんねんから、ウナギ弁当べんとう大型おおがたのクリスマスケーキ、恵方巻えほうまきを完全かんぜん予約販売よやくはんばい方針ほうしんにしました。

 これらの季節商品きせつしょうひんは、のこっててることがおおいとまいねん問題もんだいになっています。7がつのウナギ商品しょうひん予約よやくは、さくねんやくばいになりました。全体ぜんたい販売はんばいがくは20%りましたが、そう利益りえきやく70%え、のこっててるためにかかるおかねやく80%もりました。

 ほかのコンビニでも、消費期限しょうひきげんせまった弁当べんとうやおにぎりなどをうとポイントをつける実験じっけんをしています。食品しょくひんメーカーは、あまった製品せいひんの「フードバンク」への寄付きふはじめました。フードバンクは、十分じゅうぶん食事しょくじれないひとたちに食品しょくひんとどけます。レストランなどは「ドギーバッグ」を用意よういし、きゃくのこしをかえれるようにするみせえています。

わたしたちができることは?

 みせ商品しょうひんとき手前てまえでなくおくばしてっていませんか。井出いでさんの調査ちょうさによると「(賞味期限しょうみきげんすこながい)たなおく商品しょうひんったことがある」ひとは89%もいました。すぐにべるなら、賞味期限しょうみきげんがせまった手前てまえ商品しょうひんうことでのこりがり、ごみもります。

 食品しょくひんロスをらすために、井出いでさんはもの自宅じたくつくったり、野菜やさいそだてたりすることを提案ていあんします。たとえば、牛乳ぎゅうにゅうからバターをつくるのが大変たいへんだとわかれば、簡単かんたんにはてられなくなります。にく牛乳ぎゅうにゅうも「ものいのちをいただいている」とおもうと、大切たいせつおもえてきます。

 いま日本にっぽん食品しょくひんロスのりょうは、えにくるしむ世界せかい人々ひとびともの援助えんじょするりょうの2ばいちかくにもなります。国連こくれん持続可能じぞくかのう開発目標かいはつもくひょう「SDGs」では、世界せかいの1ひとりたりの食料しょくりょう廃棄はいきを30ねんまでに半分はんぶんらすことを目標もくひょうにしています。身近みぢかなところから見直みなおしてみませんか。


 ●できることから挑戦ちょうせん

 ■ものとき

ものまえに、冷蔵庫れいぞうこなか確認かくにんいすぎないようにする。

みせ商品しょうひん手前てまえからる。

 ■調理ちょうりとき

べられるぶんだけつくる。あまったら、ほか料理りょうり使つかる。

野菜やさいふくろれるなど、長持ながもちさせる工夫くふうを。

 ■外食がいしょくとき

べきれるりょう注文ちゅうもんする。

あまってしまったら、かえりができるかみせひとこう。

温暖化対策おんだんかたいさく」「節約せつやく」とかんがえてみる

 環境省かんきょうしょうのホームページに掲載けいさいされている「7なのかでチャレンジ! 食品しょくひんロス ダイアリー」=写真しゃしん=を使つかってみよう。あなたのいえ食品しょくひんロスを、もの種類しゅるいごとにおもさで記入きにゅうします。1週間しゅうかん食品しょくひんロスがなければさなくてすんだ二酸化炭素にさんかたんそりょう使つかわずにすんだみずりょう節約せつやくできたおかね計算けいさんできます。

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る