連載

的川博士の銀河教室

宇宙開発の歴史や宇宙に関する最新ニュースについて、JAXA名誉教授の的川泰宣さんが解説する長寿連載です。

連載一覧

的川博士の銀河教室

的川博士の銀河教室 579 米国の有人輸送

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

復活は生みの苦しみ

 いよいよ2019年の「銀河教室」も大づめをむかえました。今年の最後として、日本の宇宙飛行士たちにも関係の深い、米国の有人飛行について述べましょう。

 2011年にスペースシャトルが引退した後、中国を除くすべての国の宇宙飛行士たちは、ロシアのソユーズに乗って宇宙に飛び立っています。米国は、自力で有人飛行する時代を再びむかえるために、いくつかの計画に取り組んでおり、その実現があと一歩のところまで来ています。ですが、現在そのために生みの苦しみを味わっているようです。

 まず月をめざす計画(月ゲートウエー、アルテミス)では、輸送の主役は、開発中の超大型ちょうおおがたロケットSLS(スペース・ローンチ・システム)です。このロケットはボーイング社が製造し、欧州宇宙機関おうしゅううちゅうきかん(ESA)と共同開発の新型宇宙船「オリオン」を搭載とうさいして宇宙飛行士を運ぶのですが、計画がおくれ、2020年に予定した月周回無人飛行での使用は難しいようです。

 地球周辺の有人輸送は、スペースX社の宇宙船「クルードラゴン」を「ファルコン・ロケット」で運ぶ方法と、ボーイング社の宇宙船「スターライナー」を「アトラス・ロケット」で運ぶ方法を「お墨付すみつきミッション」に指名して競わせています。こちらも2019年のいくつかのテスト飛行で、新たな問題が発生し、土壇場どたんばで必死の取り組みをしています。日本の野口聡一のぐちそういち飛行士の3回目の飛行と関連しているので、気になるところです。

 まずスペースX社は、3月に「クルードラゴン」の試験機を無人で打ち上げ、国際宇宙ステーション(ISS)にドッキングさせ、地球に帰還きかんさせる試験に成功した(写真1)まではよかったのですが、4月に行われた燃焼試験で爆発事故ばくはつじこが起き、機体が損傷しました。スラスター(小型のロケットエンジン)の酸化剤さんかざいれて、チタン製部品と反応し、発火したことが原因という調査結果が明らかになり、その後燃焼テストを実施じっししています。

 ボーイング社の方では、「スターライナー」のテスト機をさる12月20日に打ち上げてISSと無人でドッキングさせるつもりでしたが、どうやらタイマーの不具合で初期の軌道きどう飛行中に燃料を使いすぎ、ドッキングをあきらめて地上へ帰還しました(写真2)。

 スペースX社は次の段階として飛行士の緊急きんきゅう脱出だっしゅつシステムの検証、ボーイング社は再度の無人飛行やパラシュートシステムの検証など、遅れ気味ながら夜を日にいで課題に取り組んでいるところです。米航空宇宙局(NASA)の長官は「2020年の早い時期に有人飛行テスト」と催促さいそくじみた発言をしていますが、飛行士の安全こそが最も重視されなくてはいけません。政治的な忖度そんたくを優先することのないよう、落ち着いて進めてほしいと願っています。

 ではみなさん、どうかよいお年をお迎えください。2020年が素晴らしい一年になるといいですね。


的川泰宣まとがわやすのりさん

 長らく日本の宇宙開発の最前線で活躍かつやくしてきた「宇宙博士」。現在は宇宙航空研究開発機構(JAXA)の名誉めいよ教授。1942年生まれ。

日本宇宙少年団(YAC)

 年齢・性別問わず、宇宙に興味があればだれでも団員になれます。 http://www.yac−j.or.jp


 「的川博士の銀河教室」は、宇宙開発の歴史や宇宙に関する最新ニュースについて、的川泰宣まとがわやすのりさんが解説するコーナー。毎日小学生新聞で2008年10月から連載れんさい開始。カットのイラストは漫画家まんがか松本零士まつもとれいじさん。

あわせて読みたい