メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NEWSの窓

科学 新型肺炎 続くウイルスとの戦い

予防には手洗いが欠かせません。手首、指の間もよくあらいます

[PR]

田中たなか泰義やすよし 毎日新聞まいにちしんぶん くらし医療部長いりょうぶちょう

 新型しんがたのコロナウイルスに感染かんせんし、ねつやせき、肺炎はいえんなどの症状しょうじょうったひとえています。毎小まいしょう読者どくしゃのみなさんは、手洗てあらいやうがい、マスクの装着そうちゃくこころがけたり、ひとおお場所ばしょにあまりかないようにしたりと、感染かんせんしにくい生活せいかつごしましょう。

 ウイルスとは、わたしたち動物どうぶつ植物しょくぶつというべつもの利用りようして、子孫しそんやす最小さいしょう単位たんいものです。まるかったり、ひもじょうだったりと、かたちはとても個性こせいてきです。おおきさは1まんぶんの1ミリメートル以下いか小学校しょうがっこう理科りかしつにある光学顕微鏡こうがくけんびきょうることはできません。電子顕微鏡でんしけんびきょうという性能せいのうたか道具どうぐでようやく観察かんさつできます。

 コロナウイルスのコロナには、ラテンで「王冠おうかん」という意味いみがあります。ウイルスのかたち王冠おうかんていたのでこんな名前なまえになったそうです。みなさんがコロナという単語たんごみみにしたのは、天文学てんもんがく分野ぶんやかもしれませんね。太陽たいようつきおおわれてすっぽりかくれる「皆既日食かいきにっしょく」のときにあらわれるうつくしい太陽たいよう大気たいきそうもこうびます。あわせて調しらべてみましょう。

 さて、今回こんかいのコロナウイルスに感染かんせんしても、大半たいはんひと症状しょうじょうかるいようです。しかし、その特徴とくちょうがかえって感染かんせん拡大かくだいさせる理由りゆうになっています。というのは、ひどく体調たいちょうくずせば寝込ねこんでしまいますが、軽症けいしょうならば外出がいしゅつできるので、まわりのひと感染かんせんさせてしまうのです。症状しょうじょうをやわらげることが中心ちゅうしん特効薬とっこうやくはありませんが、わたしたちのからだには、ウイルスなどのてき退治たいじする「免疫めんえき」という機能きのうそなわっています。今回こんかい健康けんこうひとならば、さほど心配しんぱいする必要ひつようはありません。

 ウイルスが原因げんいんとなる病気びょうきには、はしかやインフルエンザ、一部いちぶのがんなどたくさんあります。人類じんるい免疫めんえきたよるだけでなく、感染かんせん予防よぼうするためのワクチンや治療ちりょうやく開発かいはつしてきました。しかし、これからもあらたなウイルスがあらわれるでしょう。人類じんるい歴史れきしは、ウイルスというえないてきとのたたかいの歴史れきしでもあるのです。


 医学いがく地球温暖化ちきゅうおんだんか原発げんぱつなどを担当たんとう学生時代がくせいじだいはオーロラを専攻せんこうした理系人間りけいにんげん本物ほんものたくて休職きゅうしょくし、アメリカのアラスカ大学だいがく留学りゅうがく。40だいでバイオリンをはじめた。1966年岐阜市生ねんぎふしうまれ。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです