メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎小ニュース

社会 病気の名前「COVID-19」に WHOが決定

千葉・勝浦のホテルを出た人たちは地元住民らに見送られ、バスで帰宅の途につきました

[PR]

 国連こくれん世界保健機関せかいほけんきかん(WHO)は11にち新型しんがたコロナウイルスによる新型肺炎しんがたはいえん名前なまえを「COVIDコビッド-19」にめました。英語えいごのCORONAVIRUS DISEASE(コロナウイルス疾患しっかん)のかしら文字もじ発生はっせいした2019ねんからりました。

 これまでWHOは、緊急事態きんきゅうじたい宣言せんげんしたジカねつやエボラ出血熱しゅっけつねつなどの病気びょうきについて、ウイルス発見はっけん場所ばしょにちなんで名付なづけてきました。今回こんかいのウイルスは中国ちゅうごく武漢ぶかん発見はっけんされましたが、地名ちめい使つかうと、その土地とちわるいイメージがついてしまうのでやめました。

 また、WHOはこのウイルスのワクチンを18かげつ以内いない準備じゅんびするとの見通みとおしをしめしました。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 国民民主、独自の編成替え動議提出 現役世代への10万円給付要求 野党協調にも配慮

  2. まるでエヴァ? 「緊急事態宣言、発出中」福岡県製作の動画が話題

  3. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  4. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  5. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです