連載

戦後75年・名作の風景

毎日新聞デジタルの「戦後75年・名作の風景」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

戦後75年・名作の風景

ガラスのうさぎ/上 高木敏子さん 戦争起こさない心を

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
愛する家族をうばった東京大空襲について語る高木敏子さん=千葉市で、松田嘉徳撮影
愛する家族をうばった東京大空襲について語る高木敏子さん=千葉市で、松田嘉徳撮影
高木敏子・作、武部本一郎・画「新版 ガラスのうさぎ」(金の星社)
高木敏子・作、武部本一郎・画「新版 ガラスのうさぎ」(金の星社)
高木さんの実家が近くにあった東京・両国付近。45年3月10日の東京大空襲では一夜のうちに焼け野原になり、10万余の人命が失われ、100万人が路頭に迷った。
高木さんの実家が近くにあった東京・両国付近。45年3月10日の東京大空襲では一夜のうちに焼け野原になり、10万余の人命が失われ、100万人が路頭に迷った。
拡大

 1945ねん第二次世界大戦だいにじせかいたいせんわってから、今年ことしで75ねんをむかえます。これまでに戦争せんそうかなしさや平和へいわのとうとさをどもたちにつたえるほんまれてきました。名作めいさくつうじて戦争せんそう平和へいわつめなおします。しょかいは、45ねんがつ10とおか東京大空襲とうきょうだいくうしゅうをテーマにした「ガラスのうさぎ」です。

 「ガラスのうさぎ」は、児童文学作家じどうぶんがくさっか高木敏子たかぎとしこさん(87)の戦争せんそう体験たいけんもとづいた作品さくひんです。戦争せんそうはげしくなると、高木たかぎさんはまれそだった東京とうきょうをはなれ、神奈川県二宮町かながわけんにのみやまちですごしました。どもたちがアメリカぐん空襲くうしゅうをさけるためで、疎開そかいといいます。東京とうきょうおとずれたのは、東京大空襲とうきょうだいくうしゅうの4かげつわたすかぎりの野原のはらになりました。

 東京とうきょういえにいたおかあさんと2ふたりいもうと空襲くうしゅうあと行方ゆくえからなくなりました。おとうさんは警防団けいぼうだん消防しょうぼう防災ぼうさい団体だんたい)の仕事しごとをしなければならず、家族かぞくがはなればなれになってしまいました。おとうさんは「3にんたすけられなかった」ときながらくやんだそうです。

 東京大空襲とうきょうだいくうしゅうでは、アメリカぐん爆撃機ばくげききB29やく300東京とうきょう上空じょうくうおそい、たくさんの焼夷弾しょういだんとしました。焼夷弾しょういだんにはえやすい材料ざいりょうはいっていて、木造もくぞう建物たてものおおまちはらわれました。死者ししゃやく10万人まんにんのぼり、やく100万人まんにんいえうしなったとされています。

 高木たかぎさんのいえあとからは、ガラスのうさぎの置物おきものつかりました。おとうさんがつくってくれたものでしたが、半分はんぶん以上いじょうねつでぐにゃぐにゃにけていました。これがほんのタイトルになりました。

 「ガラスのうさぎ」を出版しゅっぱんしてから、高木たかぎさんはたくさんのひとたちに戦争せんそう体験たいけんかたってきました。しかし、最近さいきん病気びょうきになったりこえなくなったりしてきたので、講演こうえんさくねんなつ二宮にのみや最後さいごにやめることにしました。

 それでも高木たかぎさんはうったつづけます。「戦争せんそうこそうとするのはひとこころです。戦争せんそうこさせないのもひとこころです。戦争せんそうこさせないこころをしっかりとむすび、世界せかいかってひろげていきましょう」【野本のもとみどり】

東京大空襲とうきょうだいくうしゅうははいもうとうしな

 東京とうきょう本所ほんじょいま東京都墨田区とうきょうとすみだく)でガラス工場こうじょういとないえ長女ちょうじょとしてそだった敏子としこ。12さいとき神奈川県二宮町かながわけんにのみやまちいのいえ疎開そかいちゅう東京大空襲とうきょうだいくうしゅうでおかあさんといもうとふたりうしないました。終戦しゅうせんの10日前とおかまえには、新潟にいがた再疎開さいそかいするために敏子としこむかえにたおとうさんが、二宮にのみやえきでアメリカぐん戦闘機せんとうき機関銃きかんじゅうにうたれてくなりました。戦争せんそうわり、軍隊ぐんたいはいっていたあにふたりかえり、あたらしいらしをはじめるまでをえがきます。ほんは1977ねん出版しゅっぱんされ、2000ねんに、どもにはむずかしい言葉ことば説明せつめいをつけた「新版しんぱん」となりました。文庫ぶんこばんなどもされ、累計るいけいで240まんのロングセラーとなっています。

あわせて読みたい