連載

戦後75年・名作の風景

毎日新聞デジタルの「戦後75年・名作の風景」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

戦後75年・名作の風景

ガラスのうさぎ/下(その1) 外交官・小野日子さん 平和な世界に役立ちたい

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
東南アジア諸国連合(ASEAN)の旗の前で取材に応じる小野日子さん=ジャカルタの日本大使館で
東南アジア諸国連合(ASEAN)の旗の前で取材に応じる小野日子さん=ジャカルタの日本大使館で

 外交官がいこうかん小野おの日子ひかりこさん(54)=旧姓きゅうせいせき=は、だい24かいせいしょうねん読書感想文どくしょかんそうぶん全国ぜんこくコンクールで「ガラスのうさぎ」をんだ作品さくひん最高賞さいこうしょう内閣総理大臣賞ないかくそうりだいじんしょう受賞じゅしょうしました。当時とうじ女子学院中学校じょしがくいんちゅうがっこう東京都とうきょうと)1ねんの12~13さいで、主人公しゅじんこう敏子としこおなどしでした。いまはインドネシアで日本にっぽん外国がいこくむす仕事しごとをする小野おのさんは、「『ガラスのうさぎ』の感想文かんそうぶんいたことがわたし原点げんてん」とかたります。【ジャカルタ武内たけうちあや

拡大

原点げんてん感想文かんそうぶん

 3がつ10とおかは1945ねん東京大空襲とうきょうだいくうしゅうがあったです。小野おのさんは東京大空襲とうきょうだいくうしゅうをテーマにした「ガラスのうさぎ」をんだことにくわえ、高校こうこうねんときおとずれた広島ひろしま被爆ひばくしゃかたから体験たいけんいたことにも背中せなかされました。「平和へいわ世界せかい実現じつげん役立やくだ仕事しごとがしたい」。一橋大学ひとつばしだいがくすすみ、まだ女性じょせい外交官がいこうかんすくない時代じだいでしたが、「おそれずに挑戦ちょうせんしよう」と88ねん外務省がいむしょうはいりました。外交官がいこうかんだった皇后こうごう雅子まさこさま(56)の1ねん後輩こうはいたります。

 インドネシアの首都しゅとジャカルタで仕事しごとはじめたのは2017ねんです。ジャカルタには東南とうなんアジア諸国連合しょこくれんごうASEANアセアン)の事務局じむきょくがあります。ASEANアセアン東南とうなんアジア地域ちいき平和へいわ発展はってん目指めざしてちからわせる国々くにぐにのグループで、10かこく加盟かめいしています。小野おのさんは日本にっぽん代表だいひょう公使こうしとして、日本にっぽん知識ちしき技術ぎじゅつASEANアセアンつたえるのをささえる仕事しごとをしています。

 たとえば、日本にっぽん洪水こうずい地震じしんなど過去かこ自然災害しぜんさいがいからまなんだ教訓きょうくん経験けいけん共有きょうゆうしたり、ASEANアセアン諸国しょこく震災後しんさいご復興ふっこう支援しえんしたりしています。また、うみながるプラスチックごみをらすみにちかられています。

 今年ことしなつには東京とうきょうオリンピック(五輪ごりん)・パラリンピックがひらかれます。小野おのさんは組織委員会そしきいいんかい広報こうほうかんつとめたこともあります。国連総会こくれんそうかいでは2019ねん12がつ大会たいかい期間中きかんちゅう休戦きゅうせんびかける決議けつぎ採択さいたくされました。五輪ごりんもスポーツをつうじて平和へいわのとうとさをうったえるイベントです。

文化ぶんからしも大切たいせつ

 「平和へいわ」は、戦争せんそう武器ぶきだけにかかわるものではありません。ASEANアセアンでのみのように文化ぶんか毎日まいにちらしをまもることも大切たいせつです。「みんなが安心あんしんし、こころからだゆたかにきられる社会しゃかいこそ平和へいわ社会しゃかいだとおもいます」と小野おのさん。「ガラスのうさぎ」からったことを原点げんてんに、これからも平和へいわ世界せかいつづけます。=2めんにつづく

1979年2月6日の毎日新聞朝刊に掲載された関日子さんの読書感想文
1979年2月6日の毎日新聞朝刊に掲載された関日子さんの読書感想文

 ■戦争せんそうはわからないけれど

 日子ひかりこさんの読書感想文どくしょかんそうぶんのタイトルは「戦争せんそうはわからないけれど」。日子ひかりこさんのいえでは「終戦しゅうせん」の8がつ15にちが、すいとんのだというエピソードからはじまります。すいとんは小麦粉こむぎこ団子だんごにしてしるれるもので、戦争せんそうちゅうによくべられました。おかあさんは戦争せんそうわすれないように食卓しょくたくしてきました。日子ひかりこさんは「ガラスのうさぎ」で敏子としこつよさに共感きょうかんしながら、きることの大切たいせつさをかんがえました。そして感想文かんそうぶんをこうむすびました。「ガラスのうさぎ――この無力むりょくでこわれやすいもの。こんなにやさしくちからよわ動物どうぶつをこわしたのはだれ? わたしはそれをにくむ。戦争せんそうにくむ。」

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る