連載

ゆっくりお茶を

毎小編集長の太田阿利佐が執筆するコラムです。読者や保護者と一緒にお茶をいただいているつもりで、おしゃべりします。

連載一覧

ゆっくりお茶を

東日本大震から9年 ありがとう、大沢小

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
岩手県山田町のカキ養殖イカダ=岩手県山田町で2月28日午後0時半
岩手県山田町のカキ養殖イカダ=岩手県山田町で2月28日午後0時半

 「編集長へんしゅうちょうんでみてください」。毎小まいしょう編集部へんしゅうぶ篠口しのぐち純子じゅんこ記者きしゃが、便びんせんをわたしのところにやってきました。

   ◇◆  ◆◇

 「校舎こうしゃ海風うみかぜ日増ひましにあたたかくかんじられるこのごろです。毎日小学生新聞まいにちしょうがくせいしんぶんのみなさんは、日々ひびいそがしくご活躍かつやくのこととおもいます」

 差出人さしだしにんは、岩手県山田いわてけんやまだ町立ちょうりつ大沢小学校おおさわしょうがっこうねん福士ふくしれんさん。

 大沢おおさわしょうといえば! そう、1めん連載れんさいつたえつづけた 大沢おおさわしょう 学校がっこう新聞しんぶん」のあの大沢おおさわしょうです。

 大沢おおさわしょうへの取材しゅざいは、2011ねんにさかのぼります。04ねん創刊そうかんされた大沢おおさわしょう学校がっこう新聞しんぶんうみひかれ」は、全国ぜんこくしょう中学校ちゅうがっこう・PTA新聞しんぶんコンクールの上位じょうい入賞にゅうしょうかさねていました。新聞しんぶんつたえたいことや取材しゅざい方法ほうほう、まとめかた全員ぜんいんかんがえ、「いま必要ひつよう記事きじはどれか」「らせることでどんな効果こうかがあるか」を議論ぎろんしてつくる、じつ充実じゅうじつした新聞しんぶんでした。

 篠口しのぐち記者きしゃはその取材しゅざい大沢おおさわしょうおとずれ、東京とうきょうでの表彰式ひょうしょうしき取材しゅざい。その6むいか、3がつ11にち東日本大震災ひがしにほんだいしんさい大津波おおつなみ山田町やまだまちおそいました。

 みんな無事ぶじなの……心配しんぱいする篠口しのぐち記者きしゃに、学校がっこう新聞しんぶん担当たんとう佐藤さとうはるみ先生せんせいから「全員ぜんいん無事ぶじ!」と電話でんわがあったのは3がつ22にちだったそうです。

 ただ、おおくの児童じどういえ津波つなみながされ、家族かぞくくなったひともたくさんいました。つらいおもいのなか、どもたちは「うみひかれ」をつくり、まち人々ひとびとにもくばつづけました。毎小まいしょうでは、どもたちが自分じぶん言葉ことば被災ひさい記録きろくする「震災しんさい日記にっき」がはじまりました。

 3がつ11にち 午後ごご46ぷん、まったくゆれがおさまらず、家族かぞく心配しんぱいになった。しばらくして津波つなみた。わたしはそのとき、しんでしまうのかも……そうおもった。

 3がつ25にち おとうさんらしきひと消防署しょうぼうしょほうつかったということでした。(おとうさんの)かおをさわってみると、みずよりつめたくなっていました。

 日記にっきは14ねんまでつづき、担当たんとう篠口しのぐち記者きしゃは、その何度なんど取材しゅざいっています。

 手紙てがみつづきです。

 「ぼくは4ねんせいとき新聞しんぶん委員会いいんかいはいり、『うみひかれ』をつくりました。んだひと気持きもちをつたえる新聞しんぶんづくりをがんばる先輩せんぱいたちの姿すがたにあこがれ、ぼくもやってみたいとおもいました。ますます新聞しんぶんづくりがきになりました。

 大沢小学校おおさわしょうがっこう今月こんげつ閉校へいこうします。ぼくたちはあたらしい学校がっこうくことになります。学校がっこう新聞しんぶんうみひかれ』はもうなくなってしまうかもしれません。16ねんかん大沢おおさわしょう新聞しんぶんづくりの歴史れきしわってしまうのはとてもかなしいです。でも新聞しんぶんづくりでまなんだことはたくさんあります。ぼくたちは新聞しんぶんづくりでについたちからをこれからもかしていきます。最後さいごまで大沢おおさわしょう応援おうえんしてくださったことをこころから感謝かんしゃしています」

 福士ふくしさん、わたしたちも大沢おおさわしょう取材しゅざいし、新聞しんぶんをつくってまなんだことがあります。それはみなさんのつよさと誠実せいじつさです。山田町やまだまちうみおなじぐらい、それはかがやいています。

 これまでありがとうございました。そして、これからもどうぞよろしくね。【編集長へんしゅうちょう太田阿利佐おおたありさ

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る