連載

江戸東京見本帳

江戸時代からのものづくりの技と伝統を、記者が老舗の工房を訪ねて紹介します。組紐、ガラス細工、紅など……驚きの世界です。

連載一覧

江戸東京見本帳

江戸木版画 高橋工房 浮世絵生んだ日本の印刷技法

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
山桜(やまざくら)の版木(はんぎ)。彫(ほり)師(し)の技(わざ)が浮(う)かび上(あ)がります。版木(はんぎ)にのりと色(いろ)を載(の)せ、ブラシで伸(の)ばします 拡大
山桜(やまざくら)の版木(はんぎ)。彫(ほり)師(し)の技(わざ)が浮(う)かび上(あ)がります。版木(はんぎ)にのりと色(いろ)を載(の)せ、ブラシで伸(の)ばします

 全国的ぜんこくてき梅雨つゆぞらひろがっています。ジメジメと、あつ季節きせつです。

 「湿度しつどたかいと、和紙わし水分すいぶんふくんで、やわらかくなります。かみ状態じょうたいながら、ちから加減かげん調整ちょうせいしています」

 江戸えど木版画もくはんがの「摺師すりし」、早田そうだ憲康のりやすさん(36)は「バレン」をうごかし、版木はんぎせた和紙わし圧力あつりょくをかけていきます。

絶妙(ぜつみょう)な力(ちから)加減(かげん)でバレンを動(うご)かす摺(すり)師(し)の早田(そうだ)憲康(のりやす)さん。バレンは摺師(すりし)の道具(どうぐ)の要(かなめ)。色(いろ)の濃淡(のうたん)やぼかしなども摺(す)りで表現(ひょうげん)します。江戸(えど)木版画(もくはんが)は紙(かみ)の裏面(うらめん)に版木(はんぎ)の凹凸(おうとつ)が浮(う)き出(で)ます 拡大
絶妙(ぜつみょう)な力(ちから)加減(かげん)でバレンを動(うご)かす摺(すり)師(し)の早田(そうだ)憲康(のりやす)さん。バレンは摺師(すりし)の道具(どうぐ)の要(かなめ)。色(いろ)の濃淡(のうたん)やぼかしなども摺(す)りで表現(ひょうげん)します。江戸(えど)木版画(もくはんが)は紙(かみ)の裏面(うらめん)に版木(はんぎ)の凹凸(おうとつ)が浮(う)き出(で)ます

 最初さいしょ輪郭りんかくくろせんだけだったおおきなかおが、7かいりで背景はいけい墨色すみいろはいり、がってきました。江戸えど歌舞伎役者かぶきやくしゃさん代目だいめ大谷鬼次おおたにおにじやっこ江戸えど兵衛べえ」。世界中せかいじゅうにファンがおおなぞ浮世絵師うきよえし東洲斎写楽とうしゅうさいしゃらく傑作けっさくひとつです。

高橋(たかはし)工房(こうぼう)6代目(だいめ)の高橋(たかはし)由貴子(ゆきこ)さん 拡大
高橋(たかはし)工房(こうぼう)6代目(だいめ)の高橋(たかはし)由貴子(ゆきこ)さん

 江戸時代えどじだいはじまった「浮世絵うきよえ版画はんが」は、いまでいうポスターや雑誌ざっしはがきのようなものでした。江戸えど兵衛べえのような「役者絵やくしゃえ」、女性じょせいえがいた「美人画びじんが」、各地かくち名所めいしょなどの「風景画ふうけいが」……こうした庶民しょみんたのしみとしてやすく、たくさんつくるのを可能かのうにしたのが「木版画もくはんが」です。

 「ひとことでえば、手作業てさぎょう印刷いんさつですね。樹木じゅもくめぐまれた日本にっぽんでは古来こらい文化ぶんかそだってきました。木版もくはん日本にっぽんらしい印刷いんさつ技法ぎほうです」

 江戸えど木版画もくはんがの「高橋たかはし工房こうぼう」(東京都文京区水道とうきょうとぶんきょうくすいどう)6代目だいめ高橋たかはし由貴子ゆきこさん(75)はそうかたります。高橋たかはし工房こうぼうは160ねんまえ江戸時代えどじだい末期まっきから、ここ西江にしえ戸川どがわげん神田川かんだがわちかくで浮世絵うきよえ版画はんがつくつづけています。

絵師えしだけではえがけない

 浮世絵うきよえというと、写楽しゃらくや「富嶽三十六景ふがくさんじゅうろっけい」の葛飾北斎かつしかほくさい、「東海道五十三次とうかいどうごじゅうさんつぎ」の歌川広重うたがわひろしげなど「絵師えし」の存在そんざい有名ゆうめいですが、絵師えしだけで作品さくひんはできません。

 る、つまり印刷いんさつすることで完成かんせいする浮世絵うきよえ版画はんがは、絵師えしいた下絵したえをもとに版木はんぎ彫刻刀ちょうこくとうる「ほり」、その版木はんぎ使つかってかみ印刷いんさつする「摺師すりし」、そして、どんな印刷物いんさつぶつつくるのかをかんがえ、絵師えしほり摺師すりしたばね、できたものをどうるかをてる「版元はんもと」のネットワークがあってはじめて作品さくひんます。「材料ざいりょう道具どうぐなどをつく職人しょくにんもいます。名作めいさくかげにはもないたくさんの職人しょくにんがいたのです」。すりであり、版元はんもとでもある高橋たかはしさんはいます。

いろごとにはんがある

版木(はんぎ)に付(つ)けられた二(ふた)つの見当(けんとう)に紙(かみ)の角(かど)を合(あ)わせて紙(かみ)を置(お)きます 拡大
版木(はんぎ)に付(つ)けられた二(ふた)つの見当(けんとう)に紙(かみ)の角(かど)を合(あ)わせて紙(かみ)を置(お)きます

 浮世絵うきよえ版画はんが特徴とくちょうひとつが、多色たしょくりです。錦絵にしきえともいわれる色彩しきさいゆたかなは、1まい版木はんぎにいろいろないろっていちるのではありません。いろごとにちが部分ぶぶんった版木はんぎなんまいつくり、何度なんどかさねていきます。

 この「江戸えど兵衛べえ」の版木はんぎは8まい。ずれることなくいろをつけられる秘密ひみつは、版木はんぎにつけた2かしょ目印めじるし見当けんとう」にあります。「見当けんとうちがい」という言葉ことば語源ごげんはここです。かみかど見当けんとうててりますが、ねらどおりにわせられるかは摺師すりしうでにかかっています。

 「季節きせつによって版木はんぎ収縮しゅうしゅくするので、調整ちょうせいするのが大変たいへんですね。かみ水分すいぶんふくみすぎると変形へんけいしかねません。たいらな状態じょうたいるようこころがけています」と早田そうださん。今年ことし7ねんわか職人しょくにんです。

 最後さいご絵師えし名前なまえられ完成かんせいしました。材料ざいりょう道具どうぐわざ。この一枚いちまいには、ときえ、ひとによってがれたものがまっています。【ぶんもり忠彦ただひこ写真しゃしん内藤ないとう絵美えみ

江戸時代(江戸時代)の材料ざいりょう道具どうぐ・方法(方法)で

 くに伝統的工芸品でんとうてきこうげいひんである江戸えど木版画もくはんがは、当時とうじ材料ざいりょう道具どうぐ技術ぎじゅつつくらなくてはなりません。「版木はんぎ使つか山桜やまざくらも、和紙わし原料げんりょうのコウゾも、江戸時代えどじだいには身近みぢかにあったから使つかわれていたのでしょうが、いまではれるのが大変たいへん」と高橋たかはしさん。江戸時代えどじだいには、毒性どくせいのある「ヒ」をふくむものもあり、それは現在げんざい使つかえません。材料ざいりょう変更へんこうくにつたえ、許可きょかべつ代用だいようしているそうです。

海外かいがいのこ当時とうじ浮世絵うきよえ

 江戸時代えどじだい浮世絵うきよえは1まい「16もん」、かけそば1ぱいたるごろな値段ねだんでした。まさに庶民しょみんのためのだったので大事だいじ保管ほかんされることもすくなく、不要ふようになるとつつがみなどに使つかわれました。この浮世絵うきよえ注目ちゅうもくしたのが、明治時代めいじじだいになってやってきた海外かいがいひとたち。現在げんざい保存ほぞん状態じょうたいがいい浮世絵うきよえおおくがアメリカやヨーロッパの美術館びじゅつかんにあるのはそのためです。

和紙わし

 高橋たかはし工房こうぼう使つかかみは、福井県産ふくいけんさんの「越前和紙えちぜんわし」です。クワ低木ていぼく「コウゾ」が原料げんりょうで、手作業てさぎょうですいた「ずき奉書ほうしょ」を使つかいます。和紙わし手触てざわりがごつごつした印象いんしょうもありますが、ずき奉書ほうしょはふんわりとやわらかなぬののようです。「越前えちぜんのものはをしっかりい、チリ(のくず)がありません」と高橋たかはしさん。「チリがかおにかかったら、せっかくの美人画びじんががだいなしです」。みず不純物ふじゅんぶつじりにくいさむ時期じきにすいたかみ最高さいこうだそうです。

拡大

 江戸えど木版画もくはんが使つかみずけない「顔料がんりょう」がおもで、植物性しょくぶつせい鉱物こうぶつせいのものがあります。「すみ」「弁柄べんがら紅殻べんがら)」「ほんあい」「ベロあい」「胡粉ごふんしろ」「雲母きら」など名前なまえだけでイメージがふくらみます。ぜたり、かさねたりすることでさまざまないろすのも摺師すりしわざいろ時間じかんがたつとあせますが、できるだけ当時とうじのままの色合いろあいで復刻ふっこくしているそうです。「時間じかんとともにいろわっていく過程かているのもたのしいですよ」と高橋たかはしさん。

版木はんぎ

江戸兵衛(えどべえ)に使(つか)った版木(はんぎ)。裏面(うらめん)にも版(はん)が彫(ほ)られています。色(いろ)の付(つ)く部分(ぶぶん)が高(たか)くなるよう彫(ほ)られています 拡大
江戸兵衛(えどべえ)に使(つか)った版木(はんぎ)。裏面(うらめん)にも版(はん)が彫(ほ)られています。色(いろ)の付(つ)く部分(ぶぶん)が高(たか)くなるよう彫(ほ)られています

 版木はんぎには、国産こくさん山桜やまざくら使つかいます。山桜やまざくらかたくて丈夫じょうぶなため、こまかな彫刻ちょうこくをするのにてきしています。しかし、版木はんぎれるようなおおきなさくらっているそうです。何度なんど使つかってった版木はんぎけずなおして再利用さいりようします。東京とうきょう関東大震災かんとうだいしんさい戦争せんそうだい空襲くうしゅうがあったため、江戸時代えどじだいふる版木はんぎはほとんどのこっていないそうです。


多色刷たしょくず

「三代目大谷鬼次(おおたにおにじ)の奴(やっこ)・江戸兵衛(えどべえ)」に使(つか)った色(いろ)
「三代目大谷鬼次(おおたにおにじ)の奴(やっこ)・江戸兵衛(えどべえ)」に使(つか)った色(いろ)
一 うす墨(ずみ)(輪郭線(りんかくせん))
一 うす墨(ずみ)(輪郭線(りんかくせん))
二 つや墨(ずみ)
二 つや墨(ずみ)
三 朱(しゅ)
三 朱(しゅ)
四 だいだい
四 だいだい
五 茶(ちゃ)
五 茶(ちゃ)
六 緑(みどり)/肉(にく) (あご、もみあげ)
六 緑(みどり)/肉(にく) (あご、もみあげ)
七 墨(すみ)(背景(はいけい))
七 墨(すみ)(背景(はいけい))
「三代目大谷鬼次(おおたにおにじ)の奴(やっこ) 江戸兵衛(えどべえ)」八 墨(すみ)(文字(もじ)) 絵師(えし)の名前(なまえ)「東洲斎写楽(とうしゅうさいしゃらく)画(が)」を摺(す)って完成(かんせい)
「三代目大谷鬼次(おおたにおにじ)の奴(やっこ) 江戸兵衛(えどべえ)」八 墨(すみ)(文字(もじ)) 絵師(えし)の名前(なまえ)「東洲斎写楽(とうしゅうさいしゃらく)画(が)」を摺(す)って完成(かんせい)
「雲母(きら)まき」 きらきらと輝(かがや)く鉱物(こうぶつ)「雲母(うんも)」の粉(こな)をまきます。のりを塗(ぬ)った背景(背景)にだけ雲母(うんも)が残(のこ)ります
「雲母(きら)まき」 きらきらと輝(かがや)く鉱物(こうぶつ)「雲母(うんも)」の粉(こな)をまきます。のりを塗(ぬ)った背景(背景)にだけ雲母(うんも)が残(のこ)ります

 ●「高橋たかはし工房こうぼう

東京都文京区水道とうきょうとぶんきょうくすいどう2の4の19

03・3814・2801

https://takahashi-kobo.com

 江戸えど末期まっき安政あんせいねんかん(1854~60ねん)にすりとして創業そうぎょう。4代目だいめから版元はんもと役割やくわりになっています。浮世絵うきよえ復刻ふっこく中心ちゅうしんに、日本画にほんが洋画ようが江戸えど木版画もくはんがによる再現さいげんやアニメとのコラボ作品さくひんなども。一方いっぽう料亭りょうていのおしながきといった江戸えどからつづ木版印刷もくはんいんさつぎょう側面そくめん大切たいせつにしている。現在げんざい摺師すりしは6代目だいめ高橋たかはしさん、早田そうださんと、はいって1ねんやなぎ菜緒美なおみさん(32)。高橋たかはし工房こうぼう加盟かめいする「東京とうきょう伝統でんとう木版画もくはんが工芸こうげい協同組合きょうどうくみあい」には現在げんざい専業せんぎょうほり摺師すりしがそれぞれやく十数人じゅうすうにんずついるそうです。

協力きょうりょく江戸東京えどとうきょうきらりプロジェクト


 次回じかいの「江戸東京えどとうきょう見本帳みほんちょう」は7がつ28にち一部地域いちぶちいきは29にち)に掲載けいさいします。

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る