連載

本のページ

子ども向けの本を出版した作家さんたちに、創作の背景や自身の子ども時代について聞きます。

連載一覧

本のページ

今週は… 作家に聞く

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

日常にちじょうからえる沖縄おきなわ 上條かみじょうさなえさん

 少女しょうじょから沖縄おきなわ日常にちじょうをつづった「るな珊瑚さんご」は、沖縄おきなわの「いま」をきる小学生しょうがくせいたちの姿すがたえがかれています。どもの貧困ひんこん学力がくりょく、アメリカ軍基地ぐんきちなどの問題もんだいが、教室きょうしつなかでうかびがってきます。沖縄おきなわうつんだ上條かみじょうさなえさんが、ながねんにわたって構想こうそうあたためてきた作品さくひんです。【篠口しのぐち純子じゅんこ

 --なぜ沖縄おきなわうつんだのですか。

 上條かみじょうさん 児童文学作家じどうぶんがくさっかとして37さいでデビューし、埼玉県さいたまけん児童館じどうかん館長かんちょうけん教育委員きょういくいいんかい委員長いいんちょうつとめてきました。ありがたかったし、やりがいもありましたが、自分じぶん時間じかんてませんでした。60さいをすぎてから、沖縄おきなわのことを勉強べんきょうしたいとおもいました。本土ほんどでぬくぬくとすごし、日本人にっぽんじんとしてもうわけないとおもい、移住いじゅうめました。日本にほんそばいとなおっと移住いじゅうし、那覇市なはし日本にほんそば開業かいぎょうしました。移住いじゅうして6ねんになります。

 --作品さくひんこうとおもったのは。

 上條かみじょうさん 沖縄おきなわについてらないことばかりで、新聞しんぶん教材きょうざい勉強べんきょうしました。移住いじゅうして2ねんほどたって、どものほんこうとおもいました。沖縄おきなわにはアメリカぐん基地きちがあり、軍用機ぐんようきあさからばんまで低空ていくう飛行ひこうをします。ものすごいごうおんがして、ちるのではないかとこわくなります。本土ほんどからうつったわたしれないし、れてはいけない。これは経験けいけんしないとけません。いま沖縄おきなわ正面しょうめんからこうとおもいました。

 --珊瑚さんごたちと自身じしん少女時代しょうじょじだい体験たいけんかさなりましたか。

 上條かみじょうさん わたし小学しょうがくねんせいとき父親ちちおや仕事しごと失敗しっぱいしていえうしない、一家いっかはなればなれになりました。一時期いちじき学校がっこうかよえず、べるものもなくホームレスのような生活せいかつおくりました。養護ようご施設しせつ学校がっこうで2度目どめの5ねんせいえて、6ねんせいの9がつ東京とうきょう小学校しょうがっこう転校てんこうしました。養護ようご施設しせつではずっといじめられていましたが、卒業そつぎょうするまでのはんとしかん、その小学校しょうがっこうではいじめられなかった。奇跡きせきはんとしかんおくれました。こんな教室きょうしつきたいとおもいました。中学校ちゅうがっこうではいじめにあいますが、一人ひとりだけりそってくれるおんながいました。その珊瑚さんご友達ともだち、くるみちゃんのモデルになっています。

 --この作品さくひんつたえたいことはなんですか。

 上條かみじょうさん 珊瑚さんごゆめつけます。それはまずしいけれど、すごくしあわせなことに気付きづくことができました。いまどもたちにも、自分じぶんがいかにめぐまれているか気付きづいてほしいです。この作品さくひん沖縄おきなわ入門書にゅうもんしょになればいいとおもいます。沖縄おきなわ歴史れきしはあまりにもらされていない。戦争せんそうつたえないといのち大切たいせつさがつたわりません。これからも沖縄おきなわ題材だいざいにした作品さくひんいていきたいです。沖縄おきなわて、やりたいことができました。


 ☆るな珊瑚さんご講談社こうだんしゃ/1540えん

 沖縄おきなわでくらす小学しょうがくねんせい珊瑚さんごは、ひらがなだらけの作文さくぶんをばかにされ、日記にっきをつけはじめました。クラスに「ベルサイユのばら」のオスカルのようなるなという少女しょうじょ転校てんこうしてきます。珊瑚さんご日記にっきからは、沖縄おきなわの「いま」がうかびがってきました。


 ■プロフィル■

 1950ねんまれ、東京都とうきょうと出身しゅっしん小学校しょうがっこう先生せんせいをへて、87ねん毎日新聞社まいにちしんぶんしゃ主催しゅさいの「ちいさな童話どうわ大賞たいしょう選者せんじゃしょう受賞じゅしょうし、「さんまマーチ」でデビュー。作品さくひんに「10さい放浪記ほうろうき」「キャラメルの」などがあります。

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る