メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎小ニュース

話題 はやみねさん、作家生活30年 自分のワクワク大切に

作家はやみねかおるさん=本人提供
30周年を記念して、クイーンや夢水清志郎、虹北恭助など、はやみねさんの主要キャラが登場する「令夢(れむ)の世界はスリップする 赤い夢へようこそ-前奏曲-」(講談社/1650円)が22日ごろ発売されます

[PR]

 「名探偵めいたんてい夢水清志郎ゆめみずきよしろう」「怪盗かいとうクイーン」「都会まちのトム&ソーヤ」などのミステリーで人気にんきのはやみねかおるさん(56)が、作家さっかデビュー30しゅうねんむかえました。個性こせいゆたかなキャラクターと本格ほんかくてきなミステリーで、いつの時代じだいしょうねん少女しょうじょこころをつかんできました。はやみねさんに、これまでのみちのりや創作そうさく原点げんてんについてきました。

 「ながいようで、あっというの30ねんでした。人生じんせい半分はんぶん以上いじょういていることになります」。はやみねさんは1989ねん講談社児童文学新人賞こうだんしゃじどうぶんがくしんじんしょうで「怪盗かいとう道化師ピエロ」が入選にゅうせんし、よくねん作家さっかデビューしました。

しょう6ではじめて

 小学生しょうがくせいのころから、シャーロック・ホームズなどのミステリーやSF小説しょうせつんでいました。作家さっかになりたいとおもったのは、小学しょうがくねんせいとき。6ねんせいはじめて小説しょうせつきました。おにいさんの影響えいきょう三重大学みえだいがく教育学部きょういくがくぶ進学しんがく教育実習きょういくじっしゅうどもたちから「先生せんせい」としたわれたことに感動かんどうし、小学校しょうがっこう先生せんせいになりました。

 45ふん授業じゅぎょうで5ふんあまってしまい、どもたちにみじかはなしかせるようになりました。ある自分じぶんかんがえたはなしをすると「おもしろくない」とわれました。そのショックから、おもしろいはなしかんがえるようになりました。

 先生せんせいになって3ねん何事なにごとにも真剣しんけんになれないどもたちにをもっておしえるため、「しょうはいらなかったら小説しょうせつくのをやめる」と宣言せんげんし、どもたちにかせたはなし講談社こうだんしゃ新人賞しんじんしょう応募おうぼしました。

覚悟かくごって

 かずある作品さくひんなかでも、デビューさくの「怪盗かいとう道化師ピエロ」はおも出深でぶか作品さくひんだといいます。「当時とうじ、クラスで悪口わるぐちがはやったとき、新人しんじん教師きょうしのぼくは、どうすればいいかわからず途方とほうれてました。そこで、悪口わるぐちぬす泥棒どろぼうはなしいて、どもたちにんでもらったわけです」。それ以来いらい覚悟かくごって、「どもたちのための」物語ものがたりつづけています。

 これまでに、ものぐさで記憶きおくりょくゼロのもと大学だいがく教授きょうじゅ活躍かつやくする「名探偵めいたんてい夢水清志郎ゆめみずきよしろう」、年齢ねんれい性別せいべつ不明ふめい怪盗かいとうえがいた「怪盗かいとうクイーン」、中学生ちゅうがくせいコンビが街中まちなか推理すいり冒険ぼうけんりひろげる「都会まちのトム&ソーヤ」などの人気にんきシリーズをしてきました。

 おもしろいはなしくためには、自分じぶんがワクワクするかどうかを大切たいせつにしています。「ネタはしみせず、徹底的てっていてきむようにしています。自分じぶんいていておもしろくない物語ものがたりは、がる寸前すんぜんでもボツにします」と妥協だきょうゆるしません。

 んだどもたちが「おもしろかった」とってくれたり、いままでほん習慣しゅうかんがないが「作品さくひんをきっかけにほんむようになった」とってくれたりするときが「最高さいこうしあわせ」とはなしました。【篠口しのぐち純子じゅんこ


 30しゅうねん記念きねんして、クイーンや夢水清志郎ゆめみずきよしろうこうほく恭助きょうすけなど、はやみねさんの作品さくひん主要しゅようなキャラクターが登場とうじょうする「世界せかいはスリップする あかゆめへようこそ-前奏曲ぜんそうきょく―」(講談社こうだんしゃ/1650えん)が22にちごろ発売はつばいされます

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相、SNS活用を学ぶ 「曲解して伝わる仕組み」に強い関心

  2. 「プーチンは泥棒だ」露のデモ、100都市以上で 政権の求心力低下浮き彫り

  3. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. 中国軍機28機、台湾南西部の防空識別圏に進入 異例の規模、米国反発

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです