連載

毎小ニュース

最新ニュースや世界の出来事を、分かりやすく、的確にお伝えします。スクラップのための素材として最適です。

連載一覧

毎小ニュース

文化 「将棋の面白さ伝えたい」 藤井新棋聖に聞く

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
朗らかな表情でインタビューに答える藤井聡太棋聖=東京都渋谷区の将棋会館で21日
朗らかな表情でインタビューに答える藤井聡太棋聖=東京都渋谷区の将棋会館で21日
第91期棋聖戦五番勝負第4局で渡辺明棋聖(右)を破ってタイトルを獲得し、対局を振り返る藤井聡太新棋聖=大阪市福島区の関西将棋会館で16日(代表撮影)
第91期棋聖戦五番勝負第4局で渡辺明棋聖(右)を破ってタイトルを獲得し、対局を振り返る藤井聡太新棋聖=大阪市福島区の関西将棋会館で16日(代表撮影)

 将棋しょうぎ史上しじょうさいねんしょうとなる17さい11かげつでタイトルを獲得かくとくした藤井聡太ふじいそうた棋聖きせい(18)が、毎日小学生新聞まいにちしょうがくせいしんぶんのインタビューにおうじました。藤井ふじい棋聖きせいはじめてタイトルをったことについて「責任せきにんある立場たちば」ときしめ、「よりおおくのかた将棋しょうぎ面白おもしろさをつたえたい」とかたりました。【田嶋たじま夏希なつき

夏休なつやすみは貴重きちょう

 藤井ふじい棋聖きせいは16にちまでおこなわれた棋聖戦きせいせん五番ごばん勝負しょうぶで、渡辺明わたなべあきらぜん棋聖きせい(36)を3しょうぱいやぶりました。新型しんがたコロナウイルスの影響えいきょうで4がつ10とおか対局たいきょく最後さいごに、再開さいかいまでのやく2かげつかんは、実戦じっせんからとおざかっていました。藤井ふじい棋聖きせいはこの時期じきについて「自分じぶん将棋しょうぎつめなおした」とかえります。

 まとまった時間じかんのとれる夏休なつやすみは、自分じぶんきなことにチャレンジできる貴重きちょう時間じかんとらえています。毎小まいしょう読者どくしゃけては「きなことをつけて全力ぜんりょくんでほしい」とびかけます。

 夏休なつやすみのおもいてみると、まいとし自由研究じゆうけんきゅう苦戦くせんしていたそうです。「途中とちゅうから自分じぶんつくった将棋しょうぎ提出ていしゅつしておちゃをにごしていました」と苦笑にがわらいしますが、「つめ将棋しょうぎ解答かいとう選手権せんしゅけん」のプロも参加さんかする「チャンピオンせん」で小学しょうがくねんせい優勝ゆうしょうしてから5連覇れんぱたしました。

集中しゅうちゅうしてかんがえる

 将棋しょうぎ対局たいきょく終盤しゅうばんには時間じかんがなくなり、1分間ぷんかん最善さいぜんかんがえなければならない場面ばめんもあります。「時間じかんがないときは、余計よけい感情かんじょうはいると、一気いっき思考しこうのスピードがちてしまうので、なるべく盤上ばんじょうのことのみに集中しゅうちゅうしてかんがえることが大事だいじ」といます。将棋しょうぎ魅力みりょくについて「いっきょくごとにまったあたらしい局面きょくめん出合であうことができるゲームで、それぞれちがった局面きょくめん自分じぶんなりにかんがえてさぐっていける」とはなします。

 らいねんはる高校こうこう卒業そつぎょうをひかえていますが、「将棋しょうぎ集中しゅうちゅうしてがんばりたいなとおもっている」とはなしました。「それ以外いがいについてはこれからかんがえたい」といいます。将棋しょうぎかいには藤井ふじい棋聖きせいのほかに10だい棋士きしがいません。「自分じぶんよりした世代せだいつよひともこれからてくるとおもう。そうしたかたがどういう将棋しょうぎせてくれるかは自分じぶんたのしみ」。わか棋士きしたちの台頭たいとう期待きたいかたりました。


プロフィル

 2002ねんがつ19にちまれ、愛知県瀬戸市あいちけんせとし出身しゅっしん。5さい将棋しょうぎ出合であい、小学校しょうがっこう時代じだい文集ぶんしゅういたゆめは「名人めいじんをこす」。16ねん10がつ史上しじょうさいねんしょうの14さい2かげつでプロ棋士きしに。師匠ししょう杉本昌隆すぎもとまさたか八段はちだん(51)。名古屋大学なごやだいがく教育学部きょういくがくぶ付属ふぞく高校こうこうねん

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る