連載

本のページ

子ども向けの本を出版した作家さんたちに、創作の背景や自身の子ども時代について聞きます。

連載一覧

本のページ

今週は… 作家に聞く

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

家族かぞく笑顔えがおうばった原爆げんばく 指田さしだかずさん

 ネコやイヌとあそぶきょうだい、いもうと背負せおあに旅先たびさきでお弁当べんとうをほおばる家族かぞく――。「ヒロシマ えたかぞく」は、広島ひろしまとされた原子爆弾げんしばくだん犠牲ぎせいになった鈴木すずき六郎ろくろうさん一家いっか日常にちじょうった写真しゃしん絵本えほんです。その写真しゃしんからは、家族かぞく日常にちじょうをうばった原爆げんばくのむごさがつたわってきます。写真しゃしんにそえる文章ぶんしょういた指田さしだかずさんにおもいをきました。【篠口純子しのぐちじゅんこ

 ――六郎ろくろうさんが撮影さつえいした写真しゃしん存在そんざいをどのようにりましたか。

 指田さしださん 2016ねん広島平和記念資料館ひろしまへいわきねんしりょうかん新着しんちゃく資料しりょうてんで、この写真しゃしん出合であいました。会場かいじょうおくかべに、スライドショーのようにうつされていました。どもの笑顔えがおやいきいきとした家族かぞく様子ようすまれ、資料館しりょうかんにいることをわすれるほどでした。しかし、最後さいご家族かぞく全員ぜんいんいっぱつ原爆げんばくくなったことをり、ショックをけました。これが原爆げんばく事実じじつなのだと。このことをつたえないといけないとおもいました。

 ――写真しゃしんはどれくらいあったのですか。

 指田さしださん 六郎ろくろうさんがりためたアルバムは、広島ひろしまむおいの鈴木すずき恒昭つねあきさんが保管ほかんしていました。アルバムを13さつりましたが、あまりのことのおもさに2かげつほどアルバムをひらくことができませんでした。けっしてひらくと、原爆げんばく投下とうかされるまえにつましくもおだやかにきる家族かぞく姿すがたがありました。

 ――どのように写真しゃしんえらびましたか。

 指田さしださん になる写真しゃしんせんをつけ、2000まいあるなかから150まいほどにしぼりました。なんじっかいもアルバムをて、写真しゃしんよこ米粒こめつぶだい文字もじかれた六郎ろくろうさんのコメントをむと、一家いっか立体的りったいてきかびがってきました。まるで自分じぶんしんせきや、いとこのようにかんじました。「笑顔えがお」「家族かぞく」「動物どうぶつ」「旅行りょこう」などいくつかのはしらえてきて、それをもとに写真しゃしんえらびました。

 ――絵本えほんにまとめるのは大変たいへんでしたか。

 指田さしださん どの視点してんくかまよいました。最初さいしょ第三者だいさんしゃ視点してんで「広島ひろしま鈴木すずき六郎ろくろうさん一家いっかがいました」のようにこうとおもいましたが、とお存在そんざいかんじました。原点げんてんもどってアルバムをひらくと、おにいちゃんがいて、おてんばな公子きみこちゃんは自分じぶんかさなるところがありました。「主人公しゅじんこうきみちゃんにしよう」とめたら、なやんでいたことがうそのようにふですすみました。公子きみこちゃんにたすけられました。

 ――つぎはどんなほん予定よていですか。

 指田さしださん 絵本えほん出版後しゅっぱんご六郎ろくろうさんの近所きんじょんでいたひとから連絡れんらくをもらいました。あらたにかったことや、絵本えほんれなかったことがたくさんあり、それを予定よていです。


 ☆ヒロシマ えたかぞく(鈴木すずき六郎ろくろう写真しゃしん/ポプラしゃ/1815えん

 戦争せんそうちゅう広島ひろしままち散髪さんぱついとな鈴木すずき六郎ろくろうさんは家族かぞくにんらしていました。趣味しゅみのカメラでたくさんの家族かぞく写真しゃしん撮影さつえいしました。しかし、1945ねんがつむいかいっぱつ原子爆弾げんしばくだんによって家族かぞく全滅ぜんめつしました。


 ■プロフィル■

 1967ねんまれ、埼玉県さいたまけん出身しゅっしん出版社しゅっぱんしゃどもの雑誌ざっし家庭かてい雑誌ざっしなどの編集へんしゅうをへたのち、フリーに。おも作品さくひんに「ヒロシマのいのちのみず」「はしれ、うえへ! つなみてんでんこ」などがあります。

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る