連載

ニュース知りたいんジャー

注目ニュースや身近な話題について、知りたいんジャーが調べます。図やイラスト、写真をたくさん使いわかりやすくお伝えします。

連載一覧

ニュース知りたいんジャー

ハザードマップを生かす 被害を予想し命を守る

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
東京都千代田区の洪水ハザードマップ神田川版の一部
東京都千代田区の洪水ハザードマップ神田川版の一部
小田川の決壊で濁流に覆われた市街地。奥は高梁川=岡山県倉敷市真備町で2018年7月
小田川の決壊で濁流に覆われた市街地。奥は高梁川=岡山県倉敷市真備町で2018年7月

 日本列島にほんれっとうきんねんごうによってかわがあふれたり、土砂崩どしゃくずれがきたりして、人命じんめいがうばわれる被害ひがい相次あいついでいます。このなつ九州きゅうしゅう東北とうほく豪雨災害ごううさいがいがあり、これから台風たいふうによる被害ひがい心配しんぱいされます。うみちかくでは、地震じしんによる津波つなみにおそわれることもあります。自分じぶんのいる場所ばしょがどれくらいあぶないかがかる「ハザードマップ」をり、いのちまも行動こうどうにつなげていきましょう。【木村健二きむらけんじ

ハザードマップってなに

 英語えいご意味いみをいうと、「ハザード」が「危険きけん」、「マップ」が「地図ちず」です。自然災害しぜんさいがいきたときに、どこに、どのような被害ひがいそうなのかを予想よそうし、色分いろわけするなどしてしめした地図ちずです。

 自然災害しぜんさいがいにはさまざまな種類しゅるいがあり、市区町村しくちょうそんなどがその地域ちいき災害さいがいおうじたハザードマップをつくっています。おも災害さいがいげると、洪水こうずいかわがあふれたとき)▽土砂災害どしゃさいがい(がけくずれ、土石流どせきりゅうすべり)▽高潮たかしお台風たいふうなどの影響えいきょう海水かいすい堤防ていぼうえたとき)▽津波つなみ津波つなみ陸上りくじょうにおしよせたとき)▽火山かざん噴火ふんかによる噴石ふんせき火砕流かさいりゅう)――などがあります。

 2018ねんがつ西日本にしにほん豪雨ごううでは、51にん犠牲者ぎせいしゃ岡山県倉敷市おかやまけんくらしきし真備町まびちょうで、浸水しんすい予想よそうされた場所ばしょと、実際じっさい浸水しんすいした場所ばしょがほぼ一致いっちしていました。こうしたことからハザードマップの重要性じゅうようせいたかまっています。

どこにあるの?

 ハザードマップは、市区町村しくちょうそん役所やくしょ役場やくばけば、実物じつぶつれることができます。ほか地域ちいきからしてきた場合ばあいには、さき役所やくしょ役場やくば手続てつづきをするときにもらえます。

 わざわざりたい場所ばしょかなくても、その場所ばしょのハザードマップをることはできます。くに役所やくしょ国土交通省こくどこうつうしょうは、全国ぜんこく市区町村しくちょうそんのハザードマップをさがせる「ハザードマップポータルサイト」をもうけています(https://disaportal.gsi.go.jp/)。「わがまちハザードマップ」の画面がめんから、りたい市区町村しくちょうそん名前なまえ災害さいがい種類しゅるいえらべば、ハザードマップにたどりつきます。また、洪水こうずい土砂災害どしゃさいがい津波つなみなどのリスク情報じょうほうひとつの地図ちずかさねられる機能きのうもあります。

どうやってるの?

 洪水こうずいについて毎小まいしょう編集部へんしゅうぶれいかんがえてみましょう。毎小まいしょう編集部へんしゅうぶは、東京都千代田区一とうきょうとちよだくひとばし1の1の1の「パレスサイドビル」にあります。千代田区ちよだく洪水こうずいハザードマップは、荒川あらかわばん神田川かんだがわばんの2種類しゅるいがあります。それぞれのハザードマップでパレスサイドビルの場所ばしょてみます。

 荒川あらかわ千代田区ちよだくからはなれた東京都とうきょうと東部とうぶながれていて、荒川あらかわばんでパレスサイドビルへの浸水しんすい予想よそうされていません。神田川かんだがわばん千代田区ちよだくながれる神田川かんだがわ日本橋川にほんばしがわがあふれた場合ばあい想定そうていしていて、パレスサイドビルのあたりは、ふかさ1メートル以上いじょう2メートル未満みまんふかさ0・5メートル以上いじょう1メートル未満みまん浸水しんすい予想よそうされています。

 水害すいがいからのかたは、おおきくけて「垂直すいちょく避難ひなん」と「水平すいへい避難ひなん」のふたつがあります。垂直すいちょく避難ひなんは、げる時間じかんがなかったり、すでに浸水しんすいはじまったりした場合ばあいかたで、自分じぶんがいる建物たてもの屋上おくじょうたか場所ばしょがります。水平すいへい避難ひなんは、かわなどからあふれたみずがこないたか場所ばしょげます。

 ハザードマップの神田川かんだがわばんは、じょうぶな2かい以上いじょう建物たてものへの垂直すいちょく避難ひなんをすすめています。毎小まいしょう編集部へんしゅうぶはパレスサイドビルの3かいにあるため、洪水こうずいきたとき編集部へんしゅうぶでしばらくやりすごします。

どうやってげるの?

 災害さいがいからげる行動こうどううつるためには、防災ぼうさい情報じょうほうをしっかり必要ひつようがあります。災害さいがい危険度きけんどは5段階だんかいの「警戒けいかいレベル」でつたえられます。

 「警戒けいかいレベル3」でおとしりや障害しょうがいのあるひと避難ひなんはじめ、「警戒けいかいレベル4」になると全員ぜんいん避難ひなんもとめられます。警戒けいかいレベル4については、災害さいがい危険きけんせまっているとき自治体じちたいす「避難指示ひなんしじ」と「避難勧告ひなんかんこく」がありますが、ちがいがかりにくいため、「避難指示ひなんしじ」に統一とういつされることになりました。

 もっとあぶない「警戒けいかいレベル5」は、すでに災害さいがい発生はっせいしていて、いのちまもるための最善さいぜん行動こうどうをとります。

 実際じっさいには災害さいがい性質せいしつ見極みきわめることが大切たいせつです。おおきな災害さいがいまれそうなら、時間じかん余裕よゆうがあるうちにおもって、とおくの安全あんぜん親戚しんせきいのいえ避難ひなん縁故えんこ避難ひなん)するのもです。避難所ひなんじょあいだ被害ひがいにあうおそれもあり、危険きけんをおかしてすよりも、自分じぶんのいる場所ばしょでやりすごすほう安全あんぜん場合ばあいもあります。

 今年ことし新型しんがたコロナウイルスの感染かんせんひろがっているため、避難所ひなんじょにたくさんのひとあつまれば、みつになりやすくなることにも注意ちゅういしましょう。

どうそなえればいいの?

 自然災害しぜんさいがいには、地震じしんのように予測よそくむずかしいものと、あめかぜによる風水害ふうすいがいのように予測よそくしやすいものがあります。風水害ふうすいがいそなえるために、あらかじめつくっておくことをすすめられているのが「マイ・タイムライン」です。マイ・タイムラインは、災害さいがいきるすうじつまえから時間じかんうごとに自分じぶんがとるべき行動こうどうめておく計画けいかくです。

 2015ねんがつ関東かんとう東北とうほく豪雨ごうう茨城県いばらきけん鬼怒川きぬがわがあふれ、おおきな被害ひがいました。これをきっかけにくに地元じもと自治体じちたい減災げんさい対策たいさく協議きょうぎかいもうけ、マイ・タイムラインづくりをひろげてきました。計画けいかくてるときには、ハザードマップで自分じぶんがいる場所ばしょにどのような被害ひがいそうかを確認かくにんし、災害さいがいすすんでいく段階だんかいおうじた避難ひなん行動こうどうにつなげます。

 この協議会きょうぎかいでは、小中学生しょうちゅうがくせいけにマイ・タイムラインをつく資料しりょうをまとめた「げキッド」を提供ていきょうしています(https://www.ktr.mlit.go.jp/shimodate/shimodate00626.html)。東京都とうきょうとでも「東京とうきょうマイ・タイムライン」を用意よういしています。


 ■マイ・タイムラインのおおまかなイメージ

              行政ぎょうせいからの情報じょうほう そなえのれい

みっかまえ  台風たいふう予報よほう       今後こんご台風たいふう調しらはじめる

                                    避難ひなんってもの準備じゅんび

半日はんにちまえ                       避難ひなんしやすい服装ふくそう着替きがえる

時間じかんまえ 避難勧告ひなんかんこく/        安全あんぜんところ移動いどう

              避難指示ひなんしじ緊急きんきゅう

                         (警戒けいかいレベル4)

時間じかん      氾濫はんらん発生はっせい

              災害発生さいがいはっせい情報じょうほう

              (警戒けいかいレベル5)

※「げキッド」をもと作成さくせい

あわせて読みたい