だれでも安全に遊べる としまキッズパーク、東京に26日開園

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
内覧会でミニSLに乗車する高野之夫区長ら=豊島区東池袋4の「としまキッズパーク」で9月15日、川村咲平撮影
内覧会でミニSLに乗車する高野之夫区長ら=豊島区東池袋4の「としまキッズパーク」で9月15日、川村咲平撮影
障害がある子供も遊びやすいよう、日差しを遮る屋根が付いた「キッズハウス」=豊島区東池袋4の「としまキッズパーク」で15日、川村咲平撮影
障害がある子供も遊びやすいよう、日差しを遮る屋根が付いた「キッズハウス」=豊島区東池袋4の「としまキッズパーク」で15日、川村咲平撮影

 東京都豊島区とうきょうととしまくにある池袋駅いけぶくろえきのほどちかくで26にちどもけの遊具ゆうぐ図書館としょかんそなえた区立くりつ施設しせつ「としまキッズパーク」が開園かいえんします。障害しょうがいのあるなしにかかわらずあそべる工夫くふうがこらされています。

 あそひととして想定そうていしているのは、おも小学校しょうがっこうていがくねんまでのどもや、その保護ほごしゃです。目玉めだまとなる遊具ゆうぐは1しゅう65メートルの線路せんろはしるミニSL。ブランコや、すべりだいなどの定番ていばん遊具ゆうぐ充実じゅうじつさせました。古本ふるほんをそろえたミニ図書館としょかんもあります。

 地元じもと住民じゅうみんらの意見いけんをふまえ、いろいろな立場たちばどもが一緒いっしょあそべる空間くうかん目指めざしました。すべりだい親子おやこ一緒いっしょれるようにはばひろげたり、砂場すなばくるまいすにったままでもたのしめるようなたかさにもうけたりしています。日差ひざしに直接ちょくせつたらなくてもあそべるように、屋根やねきのキッズハウスももうけました。

 施設しせつは、池袋いけぶくろまわるバス「IKEBUSイケバス」のデザインもがけた世界せかいてき工業こうぎょうデザイナー、水戸岡鋭治みとおかえいじさんが監修かんしゅうしました。イケバスにわせて、園内えんない赤色あかいろ基調きちょうとしています。

 施設しせつ池袋駅いけぶくろえきからひがしへ1キロメートルほどの場所ばしょにあります。りた土地とちてたので、あそべるのは2024ねんまで。新型しんがたコロナウイルスの感染かんせんふせぐため、しばらくはホームページから予約よやくけます。

あわせて読みたい