メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎小ニュース

文化 人物埴輪が見つかる 大阪

大阪府羽曳野市と藤井寺市にまたがる陵東遺跡から出土した(右から)力士、盾持ち人、男子像とみられる3体の人物埴輪=24日、久保玲撮影

[PR]

 大阪府おおさかふ羽曳野市はびきのし藤井寺市ふじいでらしにまたがる「みささぎひがし遺跡いせき」で、ひとかたちをした古墳時代こふんじだい埴輪はにわつかりました。大阪府おおさかふが24発表はっぴょうしました。

 つかったのは、たてびと頭部とうぶ力士りきしなど人物じんぶつ埴輪はにわたいです。いずれも5世紀せいき後半こうはんから6世紀せいきはじめにつくられたとみられています。人物じんぶつ埴輪はにわ表情ひょうじょうがないのがふつうですが、たてびと埴輪はにわは、おどしやわらいの表情ひょうじょうがあるものがおおくなっています。

 3たいみぞかさなるようにつかりました。ちかくの古墳こふんからてられた可能性かのうせいがあります。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  2. 野田聖子氏、岐阜県連会長辞任を表明 保守分裂の知事選、「父と娘」の代理戦争

  3. くらしナビ・ライフスタイル @大学 大学・企業の変革主導に期待 「ジェンダー・ダイバーシティー」シンポ

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. 大ガス、温室効果ガス2050年ゼロ宣言 「環境保護や社会貢献を意識」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです