連載

疑問氷解

読者から寄せられた身の回りの素朴な疑問、もやもやしていることについて、記者が取材しお答えします。これであなたもすっきり!?

連載一覧

疑問氷解

鳥肌はどうして立つのか?

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
え・内山大助
え・内山大助

 Q 鳥肌とりはだはどうしてつのか?(東京都大田区とうきょうとおおたくしょう1)

たせようと筋肉きんにく勝手かってちぢ

 A ブルッとさむさをかんじるとはだちいさなポツポツがることを、鳥肌とりはだつといいます。この鳥肌とりはだ、お屋敷やしきはいってこわときや、素晴すばらしい音楽おんがくいて感動かんどうしたときにもちます。なぜでしょうか。鳥肌とりはだ研究けんきゅうをしている関西学院大学かんせいがくいんだいがく研究けんきゅうとくにん講師こうし片平かたひら建史けんじさんにおしえてもらいました。

 鳥肌とりはだつのは、皮膚ひふしたにある立毛筋りつもうきんというちいさな筋肉きんにくはたらきです。立毛筋りつもうきんちぢむとがり、毛穴けあなのまわりの皮膚ひふがります。これが鳥肌とりはだです。

 立毛筋りつもうきんは、意識いしきとはべつちぢみます。からだ活発かっぱつにしようと勝手かってはたらいている交感神経こうかんしんけいによってうごくからです。

 神経しんけいのうからだのあちこちとのあいだ情報じょうほうつたえるはたらきをしていて、運動神経うんどうしんけい自律じりつ神経しんけいふたつがあります。運動神経うんどうしんけいは、たとえば授業じゅぎょうちゅうに「げよう」とおもって、うで筋肉きんにくうごかすときはたらきます。自律じりつ神経しんけい意識いしきしなくても、からだととのえるために勝手かってはたらいています。

 自律じりつ神経しんけいにもふたつあって、からだ活発かっぱつにするのが交感神経こうかんしんけいからだやすめるのがふく交感神経こうかんしんけいです。からだなかでは、反対はんたいはたらきをつこのふたつの神経しんけいがいつも綱引つなひきしています。

 交感神経こうかんしんけいは、なに危険きけんせまったとき対応たいおうしてからだ状態じょうたいえようとします。はげしくうごけるように心臓しんぞうをドキドキさせたりします。

 動物どうぶつ場合ばあいは、立毛筋りつもうきんちぢんで逆立さかだつことで、てきたいしてからだおおきくせることができます。ねこおこって逆立さかだてるのもそうです。さむときには、逆立さかだったあいだ空気くうきをたくさんふくむので、あたたかくなります。

 人間にんげんからだほそみじかいので、このような効果こうかはありません。それでもさむときこわとき立毛筋りつもうきんちぢんで鳥肌とりはだつのは、毛皮けがわがあったころの名残なごりだとかんがえられています。このさきなが時間じかんがたつと、人間にんげんから立毛筋りつもうきんはなくなってしまうかもしれません。

 一方いっぽうで、人間にんげん立毛筋りつもうきんには、てる以外いがいはたらきがあるのではないかとかんがえる研究者けんきゅうしゃもいます。それに鳥肌とりはだつことと、こわさや感動かんどうなどの感情かんじょうきることが、人間にんげんのうなかでどうむすびついているのかはかっていません。

 そこで片平かたひらさんは、「意識いしきして鳥肌とりはだたせることができるひと」にあつまってもらいました。鳥肌とりはだときのうなかがどううごいているのかをこれから調しらべます。

 片平かたひらさんは自分自身じぶんじしん鳥肌とりはだたせることができるといい、「鳥肌とりはだ調しらべると、人間にんげん感動かんどうあじわえる仕組しくみがかるかもしれません」とはなします。【黒崎亜弓くろさきあゆみ

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る