名ぜりふ劇場

人間は考える葦である 哲学者パスカルの言葉

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 とても有名ゆうめいですね。パスカルは17世紀せいきのフランスのひと代表作だいひょうさくの「パンセ」にてくる言葉ことばです。

 人間にんげん自然しぜんかいでは一本いっぽんあしのようにかよわいが、かんがえることができる。なるほど、人類じんるい絶滅ぜつめつ危機ききえてきたのも、宇宙うちゅうのかなたまでおもいをはせることができるのも「かんがえる」からにちがいありません。

 いやなこと、面倒めんどうなことがあっても、をそむけず、しっかりつめてなにをなすべきかかんがえる。そっぽをいたままだと、ただ空気くうきながされ、うごくばかりです。(劇場支配人げきじょうしはいにん玉木研二たまきけんじ毎日新聞客員編集委員まいにちしんぶんきゃくいんへんしゅういいん))

あわせて読みたい