メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

本のページ

今週は… 作家に聞く

梨屋アリエさん=本人提供
「ココロ屋 つむぎのなやみ」

[PR]

ココロの成長せいちょうつめて 梨屋なしやアリエさん

 「ココロ」は、不思議ふしぎなココロによって、こころえたどもが自分じぶんつめなお物語ものがたりです。シリーズだいだん「ココロ つむぎのなやみ」では、意地悪いじわるなやむつむぎのまえにココロあらわれます。作者さくしゃ梨屋なしやアリエさんに、作品さくひんにこめたおもいをきました。【篠口しのぐち純子じゅんこ

 ――前作ぜんさく「ココロ」は2011ねん出版しゅっぱんされ、せいしょうねん読書感想文どくしょかんそうぶん全国ぜんこくコンクールの課題図書かだいとしょになり、いまもよくまれています。この作品さくひんいたきっかけはなんですか。

 なしさん 中学生ちゅうがくせいのころにかんがえたおはなしがもとになっています。意思いしのあるロボットがこわれてしまったこころえてほしいとうったえるはなしでした。主人公しゅじんこうのひろきのように「こころえなさい」とわれたことはありませんが、私自身わたしじしん時々ときどきおこったりイライラしたりするこころえたいとおもうことはありました。

 ――続編ぞくへんが9ねんぶりになったのはなぜですか。

 なしさん 続編ぞくへんこうとおもったのは、新型しんがたコロナウイルスがきっかけでした。一斉いっせい休校きゅうこうになって不安ふあんとき、イライラしてしまいます。それをひとものにぶつけるのではなく、「ココロ」がてくれて、自分じぶん客観的きゃっかんてきつめなおすことができたらなとおもいました。不安ふあんときはひろきのように、「やさしいココロ」にえたいという気持きもちにはなれないとおもいました。いいになるのはしんどい状況じょうきょうでもんでもらえるように、ぎゃく発想はっそうで「意地悪いじわるなココロ」をれたはなしいてみようとおもったのです。

 ――前作ぜんさく東日本大震災ひがしにほんだいしんさい今回こんかい新型しんがたコロナとおおきな出来事できごとかさなりました。どのようにんでほしいですか。

 なしさん こころよわっているときは、やすんでしずかにすごしたり、まわりのひと相談そうだんしたり、たすけをもとめたりしてほしいです。こころいまどんなかたち成長せいちょうしているのかなあと想像そうぞうしてもらえたらいいです。今回こんかいは、はっきりしないわりかたかもしれません。仲良なかよくしたいけれど、うまくできないこともあります。ともだちとのせっかたを、みんなでかんがえてもらいたいです。

 ――いつごろから小説しょうせつ物語ものがたりいていましたか。

 なしさん 音楽おんがく先生せんせい作家さっか漫画家まんがかになりたいとおもっていました。小学生しょうがくせいのころは、文字もじだらけのほんむのが苦手にがてでした。なんとなく息苦いきぐるしかった中学生ちゅうがくせいのころにほんめるようになり、ほんすくわれました。そのころから小説しょうせつくようになりました。きるのがつらかったけれど、小説しょうせつくためならきていていいとおもえました。中学ちゅうがく高校生こうこうせい気持きもちにりそいたいとおもい、ヤングアダルト(YA)作家さっか目指めざしました。くことで、だれかのたすけになればうれしいです。


 ☆ココロ つむぎのなやみ(菅野かんの由貴子ゆきこ文研出版ぶんけんしゅっぱん/1430えん

 小学しょうがくねんせいのつむぎは、おなじクラスのちかこに意地悪いじわるをされました。そこへココロがやってきて、つむぎは自分じぶんのココロを「意地悪いじわるなココロ」とえてもらいました。ちかこに意地悪いじわるをして、いい気分きぶんになったつむぎですが……。


 ■プロフィル■

 1971ねんまれ、栃木県とちぎけん出身しゅっしん。「でりばりぃAge」で講談社児童文学新人賞こうだんしゃじどうぶんがくしんじんしょう、「ピアニッシシモ」で日本児童文芸家協会にほんじどうぶんげいかきょうかい新人賞しんじんしょう受賞じゅしょう。「きみの存在そんざい意識いしきする」で2020ねんIBBYオナーリストに選定せんてい

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の受験生、トイレに立てこもり警察が出動 注意されせき込む仕草も

  2. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  3. 新型コロナ、10年後には死亡率インフルエンザ以下に 米大学研究チームが試算

  4. ORICON NEWS 綾瀬はるか主演『天国と地獄』初回16.8%の好発進

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです