メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎小ニュース

文化 奈良・中尾山古墳は文武天皇陵

中尾山古墳・地図

[PR]

 奈良県明日香村ならけんあすかむらにある中尾山古墳なかおやまこふんは、701ねん大宝律令たいほうりつりょうさだめた文武もんむ天皇てんのう(683~707ねん)がほうむられたはかだということがはっきりしてきました。むら教育委員会きょういくいいんかいなどが26にち天皇てんのうりょう特徴とくちょうであるせいはっ角形かくけいをしていることを確認かくにんしたと発表はっぴょうしました。

 このあたりはかつて「ひのくま」とばれた地域ちいきで、歴史書れきししょ文武もんむ天皇てんのうが「ひのくまのこの山陵みささぎ」にほうむられたとつたえられています。古墳こふん特徴とくちょう地名ちめいなどから、文武もんむ天皇てんのうがほうむられた可能性かのうせいたかまりました。一方いっぽうくに役所やくしょ皇室こうしつ担当たんとうする宮内庁くないちょうは、中尾山古墳なかおやまこふんみなみやく400メートルの場所ばしょにある栗原くりはら塚穴古墳つかあなこふん文武もんむ天皇てんのうりょう指定していしています。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  4. ネパール隊がK2の冬季登頂に初成功 世界第2の高峰

  5. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです