メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中満泉さんから「地球を変えるあなたへ」

(15) ハリスさんの姿 未来のための闘い

[PR]

 「わたし最初さいしょ女性じょせい副大統領ふくだいとうりょうかもしれませんが、最後さいごではありません。なぜならすべての少女しょうじょたちが今夜こんや光景こうけいて、このくに可能性かのうせいくにだと理解りかいするでしょうから」

 アメリカはつ女性じょせい副大統領ふくだいとうりょうはつ黒人こくじん副大統領ふくだいとうりょうになるカマラ・ハリスさんが11がつなのか大統領選挙だいとうりょうせんきょ勝利宣言しょうりせんげん演説えんぜつでこうべました。わたしの2ふたりむすめもそうですが、演説えんぜつていたわか女性じょせいたちのなかには、おおきな希望きぼうかんじたひとおおかったとおもいます。ハリスさんは「ガラスの天井てんじょう」(さまざまな差別さべつによって、女性じょせい昇進しょうしんにはえない天井てんじょうがある、というたとえ)をやぶったのです。

 ハリスさんは、インド出身しゅっしん科学者かがくしゃははと、ジャマイカ出身しゅっしん経済学者けいざいがくしゃちちつ、移民いみんせいおさなときからヒンズーきょうなど、多様たよう文化ぶんかなかそだったそうです。黒人こくじん中心ちゅうしん名門めいもん大学だいがく、ハワード大学だいがくや、カリフォルニア大学だいがくまなび、カリフォルニアしゅう司法長官しほうちょうかん時代じだいは、わか犯罪者はんざいしゃがやりなおすためのプログラムにちからくしました。スニーカーをいて活動かつどうする彼女かのじょは、典型てんけいてきな「政治家せいじか」のイメージもやぶひとです。

 彼女かのじょ演説えんぜつわたしがもうひと注目ちゅうもくしたのは、アメリカ公民権運動こうみんけんうんどう(アフリカけいアメリカじんへの差別さべつをなくそうという、1960ねんだい運動うんどう)の指導者しどうしゃ、ジョン・ルイス下院議員かいんぎいん言葉ことば民主主義みんしゅしゅぎ状態じょうたいではなく行動こうどうである」を引用いんようしたことです。民主主義みんしゅしゅぎ制度せいどによって自動的じどうてき保障ほしょうされているものではなく、みなでそれをまもるためにたたかわなければいけないということ。ハリスさんは、そのたたかいに参加さんかする市民しみんがいてこそ、より未来みらいをつくれると強調きょうちょうしました。

 新型しんがたコロナウイルスの流行りゅうこうで、2020ねん世界せかいにもアメリカにも本当ほんとう困難こんなんとしになりました。しかしかんがえてみれば、アメリカの苦難くなんはしばらくまえはじまっていました。

アメリカのくるしみ

 経済けいざい国境こっきょうえてうごくグローバルすすみ、以前いぜんはアメリカの人々ひとびと生活せいかつささえていたおおくの産業さんぎょうが、やす労働力ろうどうりょくもとめて海外かいがい工場こうじょうなどをうつしました。その結果けっか、アメリカでは失業しつぎょうえ、おおくの人々ひとびと生活せいかつこまることになりました。技術革新ぎじゅつかくしんによるIT産業さんぎょう発展はってんや、金融市場きんゆうしじょう活性化かっせいかなどは恩恵おんけいをもたらす一方いっぽう格差かくさひろげ、恩恵おんけいからのこされたとかんじる人々ひとびとえていたのです。そうした人々ひとびといかりもかんじています。経済けいざい教育きょういく格差かくさ都市とし地方ちほう格差かくさ人種差別じんしゅさべつ宗教しゅうきょうによる対立たいりつなどがからい、偏見へんけんいかりをんで、アメリカは社会しゃかい分断ぶんだん対立たいりつくるしんでいます。ただ、これはアメリカにかぎったことではないようです。日本にっぽんでも、わたし大嫌だいきらいな「ぐみ」「ぐみ」などの区別くべつがあったり、先日せんじつもホームレスの女性じょせいが、路上ろじょうなぐころされる事件じけんきたりしています。

こえをかけ、対話たいわ

 ともすれば絶望ぜつぼうしそうな状況じょうきょうですが、わたしつたえたいのは、わたしたちは悪意あくいいかりのエネルギーによってではなく、善意ぜんい希望きぼう理想りそうをエネルギーとして世界せかいえなければならないということです。対立たいりつではなく、結束けっそく団結だんけつ課題かだいむべきだということです。世界せかい歴史れきしかえれば、おおきな正義せいぎへのいかりが社会しゃかいのうねりとなり、暴力ぼうりょくともな革命かくめいのような社会しゃかい変革へんかくにつながったことが幾度いくどかありました。コロナによって世界せかい歴史れきしじょうかれみちにあるいま、おたがいにあゆり、理解りかいおもいやりをって変革へんかくすすめる、もしかすると最後さいごのチャンスがているのかもしれないと、わたしおもっています。

 わたしの「希望きぼう」はなにかって? みなさんです。世界せかい出来事できごと興味きょうみをもち、自分じぶんなにができるかをかんがえてくれるみなさん。まわりのおかしいとおもうことにこえげることが、ハリスさんのいう「より未来みらいをつくるためのたたかい」に参加さんかすることです。女性じょせい活躍かつやく機会きかいでは、日本にっぽんは「ガラスの天井てんじょう」どころか「鋼鉄こうてつ天井てんじょう」があるようにえますが、てつをもかすあつ情熱じょうねつみましょう。こまっているひとこえをかけてみましょう。反対はんたい意見いけんひととこそ対話たいわをして、理解りかいするよう努力どりょくし、どうすればあゆれるのかをかんがえてみましょう。きっと大丈夫だいじょうぶ、とわたし希望きぼうっています。


中満なかみついずみさん[国連こくれん事務次長じむじちょう

 1963ねんまれ。アメリカの大学院だいがくいんて89ねん国連こくれんり。難民なんみん保護ほご国連平和維持活動こくれんへいわいじかつどう核兵器禁止条約かくへいききんしじょうやく採択さいたくなどのためにはたらいてきた。著書ちょしょ児童書じどうしょ危機きき現場げんばつ」など。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. 香取慎吾さん「声に出せることしか投稿しない」 SNSでの中傷がテーマのドラマに主演

  3. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  4. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  5. GoTo客受け入れ8宿泊施設で5人以上感染 10月下旬までに 情報公開請求で判明

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです