メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

オリパラ for キッズ

/85 レジェンド編 2018年韓国・平昌五輪 スピードスケート女子500メートル 小平選手と李選手

女子500メートルで2位となり、涙を流す李相花選手の肩を抱く小平奈緒選手(右)=江陵オーバルで2018年2月18日、佐々木順一撮影
女子500メートルで優勝した小平奈緒選手の滑り=江陵オーバルで2018年2月18日、佐々木順一撮影
平昌五輪の女子500メートルを滑る韓国の李相花選手(2位)=江陵オーバルで2018年2月18日、手塚耕一郎撮影
メダル授与式で、金メダルを胸に笑顔を見せる小平奈緒選手(右)と、涙を流しながら並ぶ銀メダルの李相花選手=平昌メダルプラザで2018年2月20日、手塚耕一郎撮影
授賞式で、指でハートをつくって喜ぶ小平奈緒選手(左)と李相花選手=ソウル市内のホテルで2019年4月7日午後1時すぎ、堀山明子撮影

[PR]

きみがいたからがんばれた

 観客かんきゃく声援せいえんこたえていた小平奈緒こだいらなお選手せんしゅが、右手みぎてひとさしゆびくちにあてました。2018ねんがつ18にち韓国かんこく平昌ピョンチャンオリンピック(五輪ごりん)スピードスケート女子じょし500メートル。小平こだいら選手せんしゅが36びょう94の五輪ごりんしん記録きろくし、スタンドからはだい歓声かんせいがっていました。「シーッ」。つぎくみ選手せんしゅ集中しゅうちゅうできるように、「しずかにして」とおねがいしたのです。

   ◇  ◇  ◇

 小平こだいら選手せんしゅは、ワールドカップ15連勝れんしょうという好調こうちょう維持いじして平昌ピョンチャン五輪ごりんにのぞんでいました。その最大さいだいのライバルが、地元じもと韓国かんこく李相花イサンファ選手せんしゅでした。

 選手せんしゅは10ねんバンクーバー五輪ごりん女子じょし500メートルで、冬季とうき五輪ごりんスピードスケートでは韓国かんこく女子じょしはつとなるきんメダリストとなったヒロインです。14ねんのソチ五輪ごりん連覇れんぱ達成たっせいし、この大会たいかいでは3連覇れんぱがかかっていました。じつ小平こだいら選手せんしゅ選手せんしゅは、ながねんはげましいながらきそってきた親友しんゆう同士どうしでした。以前いぜんから2ふたりは、「らいねんはファイトしよう」「いレースがしたいね」とはなしていました。

   ◇  ◇  ◇

 小平こだいら選手せんしゅ直後ちょくごすべった選手せんしゅは37びょう33で、2にとどまりました。小平こだいら選手せんしゅはそっと選手せんしゅきしめ、こえをかけます。「チャレッソ」(韓国語かんこくごで「よくやったね」)。そして「相花サンファのことをリスペクト(尊敬そんけい)しているよ」。選手せんしゅ笑顔えがおになり、2ふたり一緒いっしょすべりました。

 全力ぜんりょくたたかい、たたえう2ふたり。その姿すがた五輪ごりんもとめるフェアプレーの精神せいしんそのもので、五輪ごりんのこめいシーンとなりました。【まとめ・武本たけもと亮子りょうこ


 ◆忍法帳

韓国かんこくでもだい反響はんきょう

 平昌ピョンチャン五輪ごりんでの小平こだいら選手せんしゅ選手せんしゅ友情ゆうじょうは、韓国かんこくでも共感きょうかんびました。2019ねんがつ、2ふたりに「2018平昌ピョンチャン記念きねん財団ざいだん」から「韓日かんにち友情ゆうじょうしょう」がおくられました=写真しゃしん韓国かんこく首都しゅとソウルでの授賞式じゅしょうしきで、小平こだいら選手せんしゅは「おもいがけずおおきな注目ちゅうもくびたが、あのような情景じょうけいわたしたちにとってはごく日常にちじょう自然しぜんなものだった」とはなしました。


 ◆プロフィル

李相花イサンファ

 1989ねんまれ、ソウル出身しゅっしん五輪ごりんは2006ねんトリノ五輪ごりんから18ねん平昌ピョンチャン五輪ごりんまで、4大会たいかい連続れんぞく出場しゅつじょう。19ねん現役げんえき引退いんたいしました。

小平奈緒こだいらなお

 1986ねんまれ、長野県ながのけん出身しゅっしん。2010ねんバンクーバー五輪ごりん団体だんたいきでぎんメダル。18ねん平昌ピョンチャン五輪ごりんでは、女子じょし1000メートルでぎんメダルも獲得かくとくしました。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  2. 営業時間命令違反で過料、入院拒否には刑事罰 自民が特措法改正案など了承

  3. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  4. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  5. 「日本政府は中国と同じことを頼む」 ニューヨーク・タイムズ前支局長が内実を暴露

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです