メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

的川博士の銀河教室

的川博士の銀河教室 627 中国の「嫦娥5号」

月面着陸後の「嫦娥5号」のイメージ図=2日、中国国家航天局提供
「嫦娥5号」を搭載した「長征5号」=11月24日、中国国家航天局提供

[PR]

月の土壌を採取し帰還

 さる11月24日、中国・海南(かいなん)島の文昌(ぶんしょう)衛星発射センターから長征(ちょうせい)5号ロケットで打ち上げられた中国の月面無人探査機「嫦娥(じょうが)5号」(写真)。打ち上げから約36分後に予定の軌道(きどう)に投入され、月面で土壌(どじょう)サンプルを採取し地球に持ち帰る旅に出発しました。1960~70年代の米国と旧ソ連以来、3カ国目となる月面からの「サンプルリターン」(天体から土壌などを持ち帰る探査)は、中国にとって初めての試みです。

 「嫦娥5号」は月面への着陸機や地球への帰還カプセルなど四つの機器(計約8トン)で構成され、月面でロボットアームを用いて約2キロの土壌を採取し、これを月周回軌道(つきしゅうかいきどう)で帰還カプセルに移し替(か)えました。そして12月17日未明にこのカプセルと共に、中国の内モンゴル自治区に着地しました。月からサンプルを持ち帰ったのは1976年の旧ソ連以来44年ぶりです。

 中国は2004年から月探査計画をスタートさせ、月周回飛行や無人探査機の着陸などに取り組んできました。今回の嫦娥5号を無人月探査の集大成と位置づけています。将来は、有人月面探査を視野に入れているそうです。

 中国の月探査プロジェクトは07年の「嫦娥1号」発射を皮切りに、13年には「3号」が旧ソ連以来37年ぶりに月面に着陸。地球から直接交信できない月の裏側に着陸させるため、中継(ちゅうけい)用の通信衛星を打ち上げた上、19年1月には「4号」が世界で初めて月の裏側に着陸しました。

 「嫦娥5号」のミッションはさらに難度が高く、さる12月1日、月面の岩石や土壌を地球に持ち帰るため、月の火山「リュムケル山」に軟着陸(なんちゃくりく)しました(図)。正確な着陸場所は月の西経(せいけい)51.8度、北緯(ほくい)43.1度の地点。そしてカメラや分光計、レーダーなどを用いて周辺を探査した上で、シャベル、ドリル、ロボットアームなどで土などのサンプルを採取することに成功しました。

 さて次は帰らなくてはなりませんが、月面には発射台システムがありません。そこでアポロ計画と同じように、着陸モジュールの下半分を上昇(じょうしょう)モジュールの「仮設発射台」としました。そして200キロ上空の軌道上に待機している軌道モジュールと帰還モジュールの結合体とドッキングし、月の試料を無事に帰還モジュールの回収機に移し終えた後、上昇モジュールだけ月面に落とし、帰還モジュールと軌道モジュールの結合体は、月周回軌道を離(はな)れました。

 素晴らしい成功を成(な)し遂(と)げた中国の技術者たちに拍手(はくしゅ)を送りましょう。


的川泰宣(まとがわやすのり)さん

 長らく日本の宇宙開発の最前線で活躍(かつやく)してきた「宇宙博士」。現在は宇宙航空研究開発機構(JAXA)の名誉(めいよ)教授。1942年生まれ。


日本宇宙少年団(YAC)

 年齢・性別問わず、宇宙に興味があればだれでも団員になれます。 http://www.yac−j.or.jp


 「的川博士の銀河教室」は、宇宙開発の歴史や宇宙に関する最新ニュースについて、的川泰宣(まとがわやすのり)さんが解説するコーナー。毎日小学生新聞で2008年10月から連載(れんさい)開始。カットのイラストは漫画家(まんがか)の松本零士(まつもとれいじ)さん。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  2. 営業時間命令違反で過料、入院拒否には刑事罰 自民が特措法改正案など了承

  3. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  4. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  5. 「日本政府は中国と同じことを頼む」 ニューヨーク・タイムズ前支局長が内実を暴露

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです