メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界のまちかどで

ここに注目!/318 アメリカ 街中を走るロボット

米南部バージニア州フェアファックスシティーで、人間に代わって食事の配達をするロボット=2020年,高本耕太撮影

[PR]

 世界中せかいじゅう新型しんがたコロナウイルスの感染拡大かんせんかくだいによる危機きき見舞みまわれた今年ことし人々ひとびとらしはおおきくわりました。アメリカでは、おみせ仕事しごとにロボットやドローン(無人機むじんき)を使つかうごきがすすみました。これまでは人手ひとでりない職場しょくば人間にんげんたすけてくれる存在そんざいかんがえられてきましたが、コロナ感染かんせん予防よぼうさくとしても注目ちゅうもくされています。

 またコロナの影響えいきょうで、これまでロボットやドローンを研究けんきゅうしていた大学だいがく研究所けんきゅうじょおおくが閉鎖へいさされたことも影響えいきょうしています。ロボットが人間にんげん社会しゃかいでうまく仕事しごとをしてくれるか判断はんだんするには、実際じっさい社会しゃかいはたらいてもらうしか、ため場所ばしょがなくなってしまったのです。

 首都しゅとワシントンちかくのまちフェアファックス・シティーではこのはるから、中心部ちゅうしんぶのレストランやカフェからの出前でまえをロボットが配達はいたつしています=写真しゃしん。クーラーボックスのようなはこ車輪しゃりんのついたロボットには、いくつものカメラがき、みち段差だんさ赤信号あかしんごう歩行者ほこうしゃ自分じぶんづくことができます。あさからよる10まで、やすむことなく街中まちなかうごまわすうじゅうだいのロボットは見慣みなれた光景こうけいになり、ひとたちもいます。【ワシントン・高本たかもと耕太こうた写真しゃしんも】


国名こくめい アメリカ合衆国がっしゅうこく

首都しゅとワシントンD.C.

面積めんせき 983まん3517平方へいほうキロメートル

人口じんこう 3おく6660まんにん(2019ねん推定すいてい

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 重症者最多934人

  2. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  3. 五嶋みどりさんにケネディ・センター名誉賞 日本出身者で小澤征爾さんに次ぎ2人目

  4. 吉川元農相、異例の在宅起訴 端緒は河井夫妻捜査 養鶏業界実力者が図った政界工作

  5. 感染防止策違反に「氏名公表」は厳しすぎるリンチか 自民には「不十分」の声

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです