メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界のまちかどで

ここに注目!/319 中国 ロボットのホテルマン

ホテル外の食堂から注文した料理を、届けるロボット=中国で、米村耕一撮影

[PR]

 中国ちゅうごくおおくのホテルで、ロボットが活躍かつやくする場面ばめんえています。中国ちゅうごくではホテルの宿泊客しゅくはくきゃくが、ホテルのそと食堂しょくどうから出前でまえることがよくあります。そこでスマートフォンで注文ちゅうもんけた配達はいたつ業者ぎょうしゃ料理りょうりをホテルのロビーにとどけると、ロボットが部屋へやまではこんでくれるのです。

 部屋へやまえにロボットがると室内しつない電話でんわります。電話でんわると「荷物にもつとどきました。ドアまでてください」と中国語ちゅうごくご英語えいごはなしかけてきます。

 ドアをけるとロボットがっているので、ボタンをします。するとロボットのおなかの部分ぶぶんとびらひらき、料理りょうりてくる仕組しくみです=写真しゃしん。まるで未来みらいくにのようですね。

 とく今年ことし新型しんがたコロナウイルス対策たいさくで、ひとひと接触せっしょくらすために一気いっきひろがりました。もっともよくかける「ユン科技かぎ」という会社かいしゃのロボットは、1びょうやく1メートルのはやさでうごき、おもさ10キログラムの荷物にもつまではこべるそうです。【北京ペキン米村耕一よねむらこういち写真しゃしんも】


国名こくめい 中華人民共和国ちゅうかじんみんきょうわこく

首都しゅと 北京ペキン

面積めんせき やく960まん平方へいほうキロメートル

人口じんこう やく14おくにん(2019ねん

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 重症者最多934人

  2. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  3. 五嶋みどりさんにケネディ・センター名誉賞 日本出身者で小澤征爾さんに次ぎ2人目

  4. 吉川元農相、異例の在宅起訴 端緒は河井夫妻捜査 養鶏業界実力者が図った政界工作

  5. 感染防止策違反に「氏名公表」は厳しすぎるリンチか 自民には「不十分」の声

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです