連載

News2020年

毎日新聞デジタルの「News2020年」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

News2020年

国際(その1) アメリカ大統領選 バイデンさんが政権を奪還

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
アメリカ大統領選で勝利し、政権移行の準備を着々と進めるバイデンさん=AP
アメリカ大統領選で勝利し、政権移行の準備を着々と進めるバイデンさん=AP
次期大統領のカマラ・ハリスさん
次期大統領のカマラ・ハリスさん
拡大

 2020ねん世界せかいは、変化へんかなみせました。新型しんがたコロナウイルスが世界せかい感染かんせんひろげるなか中国ちゅうごく香港ホンコンでの統制とうせいつよめました。1がつにはイギリスがヨーロッパ連合れんごう(EU)から離脱りだつ。11がつのアメリカ大統領選挙だいとうりょうせんきょでは、民主党みんしゅとうのジョー・バイデンぜん副大統領ふくだいとうりょう(78)が勝利しょうりし、共和党きょうわとうから政権せいけんうばかえしました。【木谷きたに朋子ともこ

 11がつみっかおこなわれたアメリカ大統領だいとうりょうせんは、再選さいせん目指めざ共和党きょうわとうのドナルド・トランプ大統領だいとうりょう(74)と、民主党みんしゅとうのバイデンさんによるはげしいあらそいになりました。

 選挙戦せんきょせんでは、トランプさんがすすめてきた政治せいじをどう評価ひょうかするのかがわれました。トランプさんは「アメリカ第一主義だいいちしゅぎ」をかかげ、自分じぶんくに利益りえき産業さんぎょうまも姿勢しせいつよめました。海外かいがいからの製品せいひんたか税金ぜいきん関税かんぜい)をかけ、とく中国ちゅうごくとの関係かんけいわるくなりました。地球温暖化対策ちきゅうおんだんかたいさく国際こくさいてき枠組わくぐみ「パリ協定きょうてい」から脱退だったいするなど、国際社会こくさいしゃかい足並あしなみをそろえなくなりました。これにたいし、バイデンさんは、国際社会こくさいしゃかいでアメリカの指導力しどうりょくもどそうとうったえました。

 アメリカでは、新型しんがたコロナウイルスの感染かんせんしゃ死者ししゃかず世界せかいもっとおおくなりました。トランプさんは感染かんせんふせぐことよりも経済活動けいざいかつどうおもんじがちで、選挙せんきょ間近まぢかにせまった10がつには自分じぶん感染かんせんしてしまいました。

分断ぶんだんから結束けっそく

 アメリカ大統領だいとうりょうせんは、一般いっぱん有権者ゆうけんしゃ投票とうひょうもとづき、各州かくしゅうられた選挙人せんきょにんをどれだけ獲得かくとくするかでけがまります。全体ぜんたい選挙人せんきょにん538にんのうち、バイデンさんが当選とうせん必要ひつよう過半数かはんすう(270にん)を獲得かくとくして勝利しょうり宣言せんげん。「わたし分断ぶんだんではなく結束けっそく目指めざ大統領だいとうりょうになることをちかう」とかたりました。

 トランプさんは選挙せんきょ不正ふせいがあったと納得なっとくしていませんが、12がつ14には選挙人せんきょにんによる正式せいしき投票とうひょうでバイデンさんが306にん獲得かくとくして勝利しょうり確定かくていさせました。

 バイデンさんは外交がいこうつう上院議員じょういんぎいんとしてられ、民主党みんしゅとうのオバマ前大統領ぜんだいとうりょう政権せいけんで8ねんかんにわたり副大統領ふくだいとうりょうつとめました。らいねんがつ20はつかだい46だい大統領だいとうりょう就任しゅうにんすれば、史上しじょう最高齢さいこうれいになります。=2めんにつづく


 ■かお

 ◆カマラ・ハリスさん

はつ女性じょせい副大統領ふくだいとうりょう

 アメリカ大統領だいとうりょうせん民主党みんしゅとう副大統領候補ふくだいとうりょうこうほとなったのは、黒人こくじん女性じょせいのカマラ・ハリスさん(56)=写真しゃしん・AP=です。女性じょせいとしてはじめて副大統領ふくだいとうりょう就任しゅうにんします。勝利宣言しょうりせんげん演説えんぜつでは「わたし最初さいしょ女性じょせい副大統領ふくだいとうりょうかもしれませんが、最後さいごではありません。なぜならすべての少女しょうじょたちが今夜こんや光景こうけいて、このくに可能性かのうせいくにだと理解りかいするでしょうから」とべました。

 ハリスさんはジャマイカけいちちとインドけいはは移民いみんせいです。カリフォルニアしゅう司法長官しほうちょうかんなどをつとめ、2016ねん上院議員じょういんぎいん当選とうせんしました。大統領選だいとうりょうせん民主党みんしゅとう候補こうほあらそいに名乗なのりをげましたが、途中とちゅうでやめていました。

あわせて読みたい