連載

News2020年

毎日新聞デジタルの「News2020年」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

News2020年

社会(その2止) 戦後75年で被爆者と認める判決

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
立皇嗣宣明の儀で天皇、皇后両陛下の前でおことばを述べられる皇嗣秋篠宮さま=皇居・宮殿「松の間」で2020年11月8日午前11時8分(代表撮影)
立皇嗣宣明の儀で天皇、皇后両陛下の前でおことばを述べられる皇嗣秋篠宮さま=皇居・宮殿「松の間」で2020年11月8日午前11時8分(代表撮影)
判決後の報告集会で喜ぶ原告ら=広島市中区で2020年7月29日午後4時10分、山田尚弘撮影
判決後の報告集会で喜ぶ原告ら=広島市中区で2020年7月29日午後4時10分、山田尚弘撮影
「ネット・ゲーム依存症対策条例」案は香川県議会で賛成多数で可決された。反対の議員は着席している=高松市番町の香川県議会で2020年3月18日、金志尚撮影
「ネット・ゲーム依存症対策条例」案は香川県議会で賛成多数で可決された。反対の議員は着席している=高松市番町の香川県議会で2020年3月18日、金志尚撮影

 <1めんからつづく>

 ■言葉ことば

くろあめ

 第二次世界大戦だいにじせかいたいせんわってから75ねんをむかえた2020ねん戦争せんそう被害者ひがいしゃにようやくひかりがさしこみました。1945ねんがつむいかにアメリカぐん広島ひろしま原爆げんばく投下とうかした直後ちょくご放射性物質ほうしゃせいぶっしつふくむ「くろあめ」がりました。くに爆心地ばくしんち北西ほくせいがわおおあめったとされる戦後せんご調査ちょうさもとづき、一定いってい区域くいきなかにいたひと支援しえんしてきました。

 この区域くいきそとで「くろあめ」をびて健康被害けんこうひがいけたのに、支援しえんけられないのはおかしいとして、広島県ひろしまけんないの84にんくに広島市ひろしまし広島県ひろしまけん相手あいて裁判さいばんこしていました。広島地方裁判所ひろしまちほうさいばんしょは7がつ29にち全員ぜんいん被爆者ひばくしゃみとめる判決はんけついわたしました。援護えんご対象たいしょう区域くいきそとにいて、くろあめにあったひと被爆者ひばくしゃみとめた司法しほう判断はんだんはじめてです。

 広島市ひろしまし広島県ひろしまけん裁判さいばんわらせようとしましたが、くにがわは8がつ十分じゅうぶん科学的根拠かがくてきこんきょがないとして、広島高等裁判所ひろしまこうとうさいばんしょ控訴こうそして裁判さいばんつづけました。くに裁判さいばんとはべつ専門家せんもんか組織そしきをつくり、これまでの区域くいき見直みなおしを検討けんとうしています。解決かいけつながかせるくに姿勢しせいに、裁判さいばんこした原告げんこくたちは「ぬのをっているのか」とおこっています。


 ■数字すうじ

にち60ぷん 香川県かがわけんでゲームに目安めやす

 香川県かがわけんで3がつどもがインターネットやゲームに依存いそんするのをふせぐことを目的もくてきにした「ネット・ゲーム依存症いそんしょう対策たいさく条例じょうれい」ができました。全国ぜんこくはじめての条例じょうれいです。

 条例じょうれいでは家庭内かていないまもるルールの目安めやすとして、18さい未満みまんのゲーム時間じかんは1にち60ぷん休日きゅうじつは90ぷん)まで▽小中学生しょうちゅうがくせい以下いか午後ごご高校生こうこうせいなどはどう10以降いこう、スマートフォンなどの使用しようをひかえる――の2てんしめし、どもがまもるよう保護ほごしゃもとめています。罰則ばっそくはありません。

 世界保健機関せかいほけんきかん(WHO)は2019ねん、ゲームに熱中ねっちゅうして日常生活にちじょうせいかつにさしさわりがるような状態じょうたいを「ゲーム障害しょうがい」としました。香川県かがわけん条例じょうれい評価ひょうかするこえがある一方いっぽうで、自分じぶんのことは自分じぶんめるべきだとして批判ひはんするこえもあります。


 ■かお

秋篠宮あきしののみやさま 皇位継承こういけいしょうしめ

 秋篠宮あきしののみやさま(55)が皇位継承順位こういけいしょうじゅんいの「皇嗣こうし」になられたことを国内外こくないがいしめす「りっ皇嗣こうしれい」が11がつようか皇居こうきょ宮殿きゅうでんまつ」でおこなわれました。りっ皇嗣こうしれいはもともと4がつ19にち予定よていされていましたが、新型しんがたコロナウイルスの感染かんせんひろがったため延期えんきされていました。

 天皇陛下てんのうへいか(60)はさくねんがつ上皇じょうこうさま(87)の退位たいいにともなって即位そくいし、元号げんごうが「平成へいせい」から「令和れいわ」にわりました。りっ皇嗣こうしれいわったことで、上皇じょうこうさまの退位たいいからつづいた皇位継承こういけいしょうにともなう一連いちれんくに儀式ぎしきすべわりました。

 中心ちゅうしん儀式ぎしきの「りっ皇嗣こうし宣明せんめい」では、伝統的でんとうてき装束しょうぞく姿すがた天皇陛下てんのうへいかが「文仁ふみひと親王しんのう秋篠宮あきしののみやさま)が皇嗣こうしであることを、ひろ内外ないがい宣明せんめいします」と宣言せんげん秋篠宮あきしののみやさまは「皇嗣こうしとしての責務せきむふかおもいをいたし、つとめをたしてまいりたくぞんじます」と決意けついべました。

 皇位こうい資格しかくがあるのは、継承けいしょう順位じゅんい天皇陛下てんのうへいかおとうと秋篠宮あきしののみやさま、2秋篠宮あきしののみやさまの長男ちょうなん悠仁ひさひとさま(14)、3上皇じょうこうさまのおとうと常陸ひたちのみやさま(85)の3にんだけです。いま法律ほうりつでは、女性じょせい天皇てんのうにつくことがみとめられていないことから、安定あんていてき皇位こうい継承けいしょう課題かだいになっています。

あわせて読みたい