大河ドラマ「青天を衝け」主人公 日本経済の父・渋沢栄一 「エネルギッシュな作品に」 渋沢演じる吉沢亮さん

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
大河ドラマ「青天を衝け」で渋沢栄一を演じる吉沢亮さん=東京都渋谷区で2020年11月23日、宮武祐希撮影
大河ドラマ「青天を衝け」で渋沢栄一を演じる吉沢亮さん=東京都渋谷区で2020年11月23日、宮武祐希撮影

 NHK大河たいがドラマ「青天せいてんけ」で渋沢栄一しぶさわえいいちえんじる俳優はいゆう吉沢亮よしざわりょうさん(26)は「エネルギッシュな作品さくひんとどけたい」とはなします。やくへのおもいをきました。【篠口しのぐち純子じゅんこ

 ――渋沢しぶさわている部分ぶぶんはありますか。

 こうなりたいという部分ぶぶんはたくさんあります。実業家じつぎょうかとしてのち世界せかい影響えいきょうあたえていきますが、かんがかた農民のうみんのころからわらない。利益りえきだけでなく道徳どうとく大事だいじにする部分ぶぶんや、相手あいて身分みぶんよりも人間にんげんせいなど、ひととしてすばらしいとおもいます。

 ――渋沢しぶさわがエネルギッシュだとおもうところは。

 ひたすらはしまわっています。どものころから自分じぶんのしていることはただしいとしんじ、それをコツコツとやっていく人間にんげん。うちにめるパワーをかんじます。

 ――えんじるのがたのしみな場面ばめんはありますか。

 ドラマは渋沢しぶさわそだった血洗島ちあらいじまむらと、徳川慶喜とくがわよしのぶがいる江戸えどふたつのじく同時どうじ進行しんこうしていきます。それがひとつになったとき、どうなるのかは未知数みちすうです。すばらしい役者やくしゃばかりなので、どんな芝居しばいまれるかたのしみです。

 ――2021ねんはどんなとしにしたいですか。

 新型しんがたコロナウイルスの影響えいきょういままでたりまえだったものがくずれる瞬間しゅんかんは、渋沢しぶさわきていた幕末ばくまつ共通きょうつうしているがします。そんな時代じだいだからこそ、エネルギッシュでポジティブな作品さくひんになればいい。吉沢亮よしざわりょうといえば「青天せいてんけ」だよね、とわれるような渋沢栄一しぶさわえいいちえんじたいです。


プロフィル

 1994ねんまれ、東京都とうきょうと出身しゅっしん映画えいが「リバーズ・エッジ」(2018ねん)でだい42かい日本にっぽんアカデミーしょう新人しんじん俳優はいゆうしょう受賞じゅしょう映画えいが「キングダム」、NHK連続れんぞくテレビ小説しょうせつ「なつぞら」に出演しゅつえん

あわせて読みたい