大河ドラマ「青天を衝け」主人公 日本経済の父・渋沢栄一 平和への思い強い人 孫のエッセイスト、鮫島純子さん

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
鮫島純子さん=東京都内で2019年12月12日、大島祥平撮影
鮫島純子さん=東京都内で2019年12月12日、大島祥平撮影

 渋沢栄一しぶさわえいいちまごで、エッセイストの鮫島純子さめじますみこさん(98)にどんなひとだったか、きました。【大島祥平おおしましょうへい

 おじいさんがくなったときわたしは9さいでした。かわいがってもらったことをよくおぼえています。

 いえおとずれると「ようられましたの」とあたまをなでてくれ、アメをくちれてくれました。「勉強べんきょうになるから」と落語らくご全集ぜんしゅうませてもらい、まごわたしたちが「寿限無じゅげむ」(落語らくご演目えんもく)を披露ひろうしたこともあります。

みんながしあわせな社会しゃかい

 まごだからかわいがるというより、人類じんるいあいしたひとでした。「日本にほん資本主義しほんしゅぎちち」などとわれますが、っこにあるのは「みんながしあわせとかんじるなかつくる」というおもいでした。そのために会社かいしゃつくったり、教育きょういく福祉ふくし事業じぎょう応援おうえんしたりしたのだとおもいます。

 戦前せんぜん、アメリカとの関係かんけいをよくしたいと、としいたからだ何度なんどもアメリカにきました。平和へいわへのおもいがつよひとでした。

 小学生しょうがくせいのみなさんが、おじいさんのそんなおもいをり、あい平和へいわについてかんがえてもらえたらうれしいです。

あわせて読みたい