メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ゆるキャラらんど

ふじぴょん 山梨県富士河口湖町

河口浅間神社でジャンプするふじぴょん=富士河口湖町提供
ふじぴょん
富士河口湖町

[PR]

つきではもっとねるぴょん

 あら、このピンクのうさぎ。かおかたち見覚みおぼえありませんか。そう、富士山ふじさんです。ふじぴょんは富士山ふじさん世界文化遺産せかいぶんかいさんになった2013ねんから活動かつどうしている山梨県富士河口湖町やまなしけんふじかわぐちこまちのキャラクターです。つきからやってきました。

 まち周辺しゅうへんでは富士山ふじさんかみさまとして、江戸時代えどじだいごろまでかぐやひめ定着ていちゃくしていたといいます。そしてふじぴょんは、かぐやひめつきからおくった使者ししゃなのです。きな言葉ことばは「めばみやこ」。最初さいしょ地球ちきゅうたことがいやだったようですが、いま地球ちきゅうもの大好だいすきになって、もうつきにはかえりたくないのだとか。かぐやひめ心配しんぱいして時々ときどきこっそり様子ようすにきてくれています。

 ふじぴょんはどもたちがまちまちのイベントに愛着あいちゃくつきっかけになるよう期待きたいされ、保育園ほいくえんによくあそびにでかけています。いまはコロナの影響えいきょうでかないませんが、「はやくおともだちといっぱいあそびたいぴょん」とたのしみにしています。たのしいこと、にぎやかなことが大好だいすきなふじぴょん。おおくのひと富士河口湖町ふじかわぐちこまちみずからの存在そんざいをアピールしています。(井上いのうえこずえ


「ふじぴょん」データ

誕生日たんじょうび:2013ねんがつ22にち

性別せいべつおんな

出身地しゅっしんちつき

趣味しゅみ:トレッキング、登山とざん

好物こうぶつ古代米こだいまいのおもち

特技とくぎ跳躍ちょうやくりょくつきにいたときはもっとねたけれども、地球ちきゅうではあまりべないらしい。最近さいきんすこふとったらしい。

●チャームポイント:おおきなみみとつぶらな

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  2. 営業時間命令違反で過料、入院拒否には刑事罰 自民が特措法改正案など了承

  3. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  4. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  5. 「日本政府は中国と同じことを頼む」 ニューヨーク・タイムズ前支局長が内実を暴露

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです