メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NEWSの窓

スポーツ 箱根駅伝、駒沢大優勝 あきらめないことの大切さ

第97回東京箱根間往復大学駅伝競走の10区で、創価大の小野寺勇樹(左)を抜き去る駒大の石川拓慎=東京都中央区で2021年1月3日(代表撮影)

[PR]

小坂こさかだい 毎日新聞まいにちしんぶん運動うんどう部長ぶちょう

 お正月しょうがつのスポーツで印象的いんしょうてきだったのは箱根駅伝はこねえきでんだい97かい東京箱根間往復大学駅伝競走とうきょうはこねかんおうふくだいがくえきでんきょうそう)ではないでしょうか。最終さいしゅう10のこやく2キロメートルで、総合そうごう優勝ゆうしょうした駒沢大学こまざわだいがく先行せんこうしていた創価大学そうかだいがく逆転ぎゃくてんしたシーンはめい勝負しょうぶとしてかたがれることでしょう。あきらめないことの大切たいせつさをおしえてくれたとおもいます。

 この大会たいかいまいとしがつふつかと3みっかおこなわれ、東京とうきょう大手町おおてまち神奈川かながわ箱根町はこねまちかん往路おうろ(107.5キロメートル)、復路ふくろ(109.6キロメートル)とも5区間くかんずつであらそわれます。2ふつか往路おうろ創価大そうかだいはつ優勝ゆうしょう。2に2ふん14びょうをつけて3みっか復路ふくろがスタートしました。往路おうろだった駒沢大こまざわだい最初さいしょの6往路おうろ東洋大学とうようだいがくいて、創価大そうかだいいかけます。レースは7、8、9つづき、創価大そうかだい駒沢大こまざわだいちぢまったり、ひろがったりの一進一退いっしんいったい駒沢大こまざわだいのアンカー石川いしかわたく選手せんしゅにたすきがわたった時点じてんでは、3ぷん19びょうひろがっていました。

 箱根駅伝はこねえきでんは1キロメートルを3ぷん前後ぜんごはしるのが目安めやすです。つまり、たすきをけた時点じてん創価大そうかだいは1キロメートル以上いじょうさきはしっており、おたがいが普通ふつうのペースならいつきません。駒沢大こまざわだい大八木弘明おおやぎひろあき監督かんとくも「ちょっと無理むりかな」とおもったほどでしたが、石川いしかわ選手せんしゅはあきらめずに快調かいちょうなペースでいかけはじめました。

 創価大そうかだいのアンカー小野寺おのでら勇樹ゆうき選手せんしゅ緊張きんちょうしていたようでした。創価大そうかだい箱根駅伝はこねえきでんには2015ねんはつ出場しゅつじょうして、今回こんかいが4かいはつ優勝ゆうしょうへの重圧じゅうあつがかかったとおもいます。かいかぜ気温きおん上昇じょうしょうでペースがち、ついにのこり2キロメートルで石川いしかわ選手せんしゅかされてしまいました。駒沢大こまざわだいは13ねんぶり7かい総合優勝そうごうゆうしょう伝統でんとうこう底力そこぢからせつけました。

 小野寺おのでら選手せんしゅかれたあといしばって必死ひっしはしりました。気持きもちがれ、まってもおかしくないくるしい時間じかんだったとおもいます。小野寺おのでら選手せんしゅ自身じしんのツイッターで「ごめんなさい。全部ぜんぶめてらいねんつよくなってもどってきます」と投稿とうこうしましたが、「よく頑張がんばりました」などと声援せいえんせられていました。往路おうろ優勝ゆうしょう総合そうごう素晴すばらしい結果けっかです。らいねんたのしみですね。


 1968ねん東京都とうきょうとまれ。運動部うんどうぶでサッカーのワールドカップを2大会たいかい、オリンピックは夏冬なつふゆ大会たいかい取材しゅざいしました。5ねんかん、ニューヨーク特派員とくはいん趣味しゅみはマラソン。出前授業でまえじゅぎょうけています。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. 新型コロナ、国内の死者5000人に 14日間で1000人増

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  5. 香取慎吾さん「声に出せることしか投稿しない」 SNSでの中傷がテーマのドラマに主演

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです