メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

オリパラ for キッズ

/89 レジェンド編 フィギュアスケート 羽生結弦さん

平昌五輪男子フリーで演技する優勝した羽生結弦=江陵アイスアリーナで2018年2月、宮間俊樹撮影

[PR]

逆境ぎゃっきょうちから連覇れんぱ

 2018ねんがつ16にち平昌ピョンチャンオリンピック(五輪ごりん)フィギュアスケート男子だんしのショートプログラム(SP)がおこなわれました。世界中せかいじゅうのファンが見守みまもなか羽生はにゅう結弦ゆづるさんの演技えんぎはじまりました。ぜんねん11がつ右足首みぎあしくびをけがして以来いらいのぶっつけ本番ほんばん。ショパンのピアノきょく「バラードだいばん」のしずかな旋律せんりつにのって4回転かいてんジャンプをめ、111・68てん高得点こうとくてんします。

   ◇  ◇  ◇

 羽生はにゅうさんは「自分じぶんよわさがえたときは、自分じぶんつよくなりたいという意志いしがあるとき」とかたったことがあります。おおくの逆境ぎゃっきょうをはねかえしてきました。

 高校こうこうねんせいときは、宮城県仙台市みやぎけんせんだいしのリンクで練習れんしゅうちゅう東日本大震災ひがしにほんだいしんさいにあい、避難所ひなんじょで4日間よっかかんごしました。その練習れんしゅう場所ばしょ確保かくほ苦労くろうしました。はつ出場しゅつじょうきんメダルを獲得かくとくした14ねんソチ五輪ごりんあとは、中国ちゅうごくでの国際大会こくさいたいかい練習中れんしゅうちゅうほか選手せんしゅこおりうえでぶつかってけがをし、おなかの手術しゅじゅつ経験けいけんしました。

 平昌ピョンチャン五輪ごりんまえ右足首みぎあしくびをいためたあとも、前向まえむきでした。ジャンプのときからだがうまく使つかえるように筋肉きんにくかんする論文ろんぶんみ、トレーニングの方法ほうほう研究けんきゅう。いつもとちが角度かくどからスケートを見直みなおしました。

   ◇  ◇  ◇

 SPの翌日よくじつのフリーでも4回転かいてんジャンプを次々つぎつぎ着氷ちゃくひょうし、206・17てん高得点こうとくてんします。羽生はにゅうさんは演技えんぎ、4ぷんはん演技えんぎいた右足首みぎあしくびをそっと両手りょうてつつみました。五輪ごりんのこの種目しゅもくでは66ねんぶりとなる連覇れんぱまると、なみだかべて「ありがとう」とかえしました。【まとめ・武本たけもと亮子りょうこ


平昌五輪男子フリーで演技する羽生結弦=江陵アイスアリーナで2018年2月、手塚耕一郎撮影

 ◆忍法帳にんぽうちょう

なにがすごいの?

 羽生はにゅうさんのあじは、スピードにって正確せいかくり、回転かいてんじくほそうつくしいジャンプがべることです。着氷ちゃくひょうもスピードがちません。ジャンプの直前ちょくぜんにもあしこまかいうごきをれるため、みじか距離きょり助走じょそうむずかしいジャンプをんでいます。演技えんぎ使用しようしているきょく的確てきかくとらえる表現力ひょうげんりょく卓越たくえつしています。


プロフィル

 1994ねんまれ、宮城県みやぎけん出身しゅっしん。4さいからフィギュアスケートをはじめました。あこがれの選手せんしゅは2006ねんトリノ五輪ごりん男子だんしきんメダルのエフゲニー・プルシェンコさん(ロシア)。世界選手権せかいせんしゅけんでは14ねんと17ねんきんメダル。18ねん国民栄誉賞こくみんえいよしょう受賞じゅしょう現在げんざい日本にっぽんのエースとして活躍中かつやくちゅうです。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  4. 炎の中から兄の叫び 阪神大震災 4児の母「つらいけど、忘れたくない」

  5. ORICON NEWS なかやまきんに君“本名”公開「初めて下の名前知りました」「本名カッコいい」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです