メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎小ニュース

社会 阪神大震災、歌で記憶伝え続ける 3月で退職の臼井さん

空の下、合唱団の歌の指導をする音楽教諭の臼井真さん(左)=神戸市灘区の市立高羽小で2020年12月18日、長尾真希子撮影

[PR]

 26ねんまえ阪神大震災はんしんだいしんさい被災地ひさいちから誕生たんじょうしたうた「しあわせはこべるように」を作詞さくし作曲さっきょくした兵庫県ひょうごけん神戸こうべ市立しりつ高羽たかは小学校しょうがっこう音楽おんがく先生せんせい臼井うすいまことさん(60)が3がつ定年退職ていねんたいしょくむかえます。わずか10ぷんげたうたは、神戸こうべうたがれ、中国ちゅうごく四川省しせんしょうなど世界中せかいじゅう被災地ひさいちにもひろがっています。「ぼく最大さいだい功績こうせきは、このうたつくり、ひとやくてたこと。これからもうた震災しんさい記憶きおくつたえていきたい」。臼井うすいさんは、あらたなちかいをむねきざんでいます。

 さくねん12月末がつまつ高羽たかはしょうのグラウンドにはマスクをはずし、10かげつぶりにおおきなこえうた練習れんしゅうするどもたちの姿すがたがありました。「『どうかこのうたが、災害さいがいくるしむ世界中せかいじゅう人々ひとびとにしあわせをはこんでくれますように』。そんないのるようなおもいをうたせてうたおう」。新型しんがたコロナウイルス感染かんせんひろがりをふせぐため、2メートル間隔かんかくち、うたえるよろこびをかみしめるどもたちに、臼井うすいさんはこうかたけました。

 阪神大震災はんしんだいしんさいは1995ねんがつ17にちきました。臼井うすいさんは兵庫県神戸市東灘区ひょうごけんこうべしひがしなだく被災ひさいし、自宅じたく全壊ぜんかい。2週間しゅうかん、がれきにおおわれ、わりてた神戸こうべまちて、あたまなかがってきたのが「しあわせはこべるように」の歌詞かしとメロディー。<地震じしんにもけない/つよこころをもって>。こみげるおもいをあわてて紙切かみきれにめました。

 震災しんさいからやく1かげつ当時とうじ勤務きんむしていたきゅう吾妻あづま小学校しょうがっこう同市中央区どうしちゅうおうく)の避難所ひなんじょうたはじめたうたは、すぐに神戸こうべじゅうにひろがり、きずついた世界中せかいじゅう人々ひとびとこころはげます「奇跡きせきうた」となりました。「どもたちの歌声うたごえなみだながおおくの被災者ひさいしゃ姿すがたて、このうたには不思議ふしぎちからがあると確信かくしんしました」

 教員きょういん生活せいかつ38ねん最後さいごとなる1ねんは、音楽会おんがくかいなどの学校行事がっこうぎょうじにいつも以上いじょう意欲的いよくてきむつもりだった臼井うすいさん。しかし、新型しんがたコロナの影響えいきょうで、学校がっこう再開さいかいした昨年さくねんがつ以降いこう満足まんぞく練習れんしゅうができませんでした。感染かんせん予防よぼうのため、児童じどうによる合唱団がっしょうだん以前いぜん半分はんぶんの51にん縮小しゅくしょうするしかありませんでした。合唱団がっしょうだんまいとしひかり祭典さいてん神戸こうべルミナリエ」の点灯式てんとうしきなどさまざまなイベントでも歌声うたごえ披露ひろうしましたが、昨年さくねん中止ちゅうし相次あいつぎました。

子どもたちに熱い指導を行う音楽教諭の臼井真さん=神戸市灘区の市立高羽小で2020年12月18日、長尾真希子撮影

17にち歌声うたごえ披露ひろう

 それだけに17にちにかける臼井うすいさんのおもいはつよいです。このは、同市どうし中央区ちゅうおうく東遊園地ひがしゆうえんちひらかれる追悼ついとう行事ぎょうじ「1・17のつどい」と、このうたはじめてお披露目ひろめされたきゅう吾妻小学校あづましょうがっこう跡地あとちの「コミスタこうべ」でうた予定よていです。同校どうこうねん田崎たさき幾斗いくとさん(12)は「気持きもちをめて全力ぜんりょくうたいたい」とかたります。

 「17にちにこの場所ばしょうたうことに意味いみがある。たすかったこのいのちめて、いどみたい」と臼井うすいさん。今後こんごは、震災しんさい風化ふうかさせないために、うためたおもいを全国ぜんこくつたえる活動かつどうつづけるつもりです。

 毎日新聞まいにちしんぶんのサイト(https://video.mainichi.jp/)から動画どうがられます。【長尾ながお真希子まきこ

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  2. 営業時間命令違反で過料、入院拒否には刑事罰 自民が特措法改正案など了承

  3. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  4. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  5. 「日本政府は中国と同じことを頼む」 ニューヨーク・タイムズ前支局長が内実を暴露

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです