メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎小ニュース

社会 作家・半藤一利さん亡くなる

作家の半藤一利さん=東京都世田谷区で2017年4月21日、内藤絵美撮影

[PR]

 昭和しょうわ歴史れきし題材だいざいにした「日本にほんのいちばんなが」や「ノモンハンのなつ」などの作品さくひんられる作家さっか半藤一利はんどうかずとしさん=写真しゃしん=が12にちくなりました。90さいでした。

 半藤はんどうさんは東京とうきょうまれです。1945ねんがつ10とおか東京大空襲とうきょうだいくうしゅうい、猛火もうかなか一人ひとりげました。東京大学とうきょうだいがく文学部ぶんがくぶ卒業そつぎょう出版社しゅっぱんしゃ編集へんしゅうしゃとして戦争せんそう体験たいけんしゃ取材しゅざいかさねました。この経験けいけんから退職たいしょく本格ほんかくてき作家さっかとして活動かつどうし、2006ねんに「昭和史しょうわし」で毎日出版文化賞まいにちしゅっぱんぶんかしょう特別賞とくべつしょう受賞じゅしょうしました。どもけのほんけあとのちかい」もあります。みずからを「歴史れきし探偵たんてい」とび、テレビの解説かいせつなどでも活躍かつやくしました。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  2. 営業時間命令違反で過料、入院拒否には刑事罰 自民が特措法改正案など了承

  3. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  4. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  5. 「日本政府は中国と同じことを頼む」 ニューヨーク・タイムズ前支局長が内実を暴露

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです