東日本大震災10年

「あの日」に学ぶ 社会/上(その2止) 普通に暮らして備えを 作家の池澤夏樹さん

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
インタビューに答える作家の池澤夏樹さん=東京都千代田区で2020年10月19日、玉城達郎撮影
インタビューに答える作家の池澤夏樹さん=東京都千代田区で2020年10月19日、玉城達郎撮影

 =1めんからつづく

 作家さっか池澤夏樹いけざわなつきさん(75)は、東日本大震災ひがしにほんだいしんさい被災地ひさいちたずね、かんがえたことをエッセーや小説しょうせつかたちにして表現ひょうげんしてきました。池澤いけざわさんに、震災しんさい影響えいきょう歴史れきしからまなぶべきことについてきました。

 震災しんさいから、もうすぐ10ねんですね。被災者ひさいしゃはそれぞれきずい、時間じかんとともにいえるとはいえないけれど、直撃ちょくげきいたみはなくなっていき、くしたひと何度なんどおもかえすことで、自分じぶんたちをなぐさめながらきてきたようにおもいます。被災地ひさいちによくかよいました。現地げんちでできた友人ゆうじんたちは生活せいかつ安定あんていしたひともいれば、交流こうりゅうするうちにくなったひともいる。それがさいげつというものです。では、この10ねんじゃく社会しゃかいわったのでしょうか。

 震災しんさいで、わたしたちは生活せいかつ土台どだいというものがじつ不安定ふあんていなものだとおもらされました。いま新型しんがたコロナウイルスもおなじ。「あしをすくわれる」という感覚かんかくまなんだはずです。最悪さいあく想定そうていしても、それをえるものがある。そうした覚悟かくごというか、認識にんしきっていなければいけません。

被災ひさい修学旅行しゅうがくりょこう

 震災しんさい記憶きおくがないわかみなさんには、被災ひさいへの修学旅行しゅうがくりょこう提案ていあんしています。たとえば、津波つなみにのまれた仙台空港せんだいくうこうから宮城みやぎはいり、おおくの人命じんめいすくわれた仙台市内せんだいしない震災遺構しんさいいこう荒浜あらはましょうで、屋上おくじょうまではし避難訓練ひなんくんれんをしてみる。そうして災害さいがいとは具体ぐたいてきにどういうものか、をもってかんがえる。

 先生せんせい教育行政きょういくぎょうせいひとたちには、児童じどう教職員きょうしょくいん84にんくなった大川おおかわしょうあしはこんでほしい。事前じぜんそなえをおこたることはもちろん、現場げんば判断はんだんするリスクをおそれる教育きょういくシステムであってはならず、自分じぶんたちにえ、想像そうぞうしてほしいのです。

 自然しぜんなかきていれば、災害さいがいかならます。天災てんさいけられないが、人災じんさいはなくせる。震災しんさい教訓きょうくん全部ぜんぶかしてそなえることが、未来みらいたいする義務ぎむです。

災害さいがいおお島国しまぐに

 歴史れきしれば、日本にっぽんはヨーロッパのように外国がいこくからめられることはあまりないが、自然災害しぜんさいがいおおい。そうした島国しまぐにとしての歴史認識れきしにんしきっていたほうがいい。それがわたしたちのきる条件じょうけんで、それをまえ未来みらいえがかなければならない。とおくを望遠ぼうえんレンズと、ちかくを見渡みわた広角こうかくレンズの両方りょうほう必要ひつようです。

 大規模だいきぼ災害さいがいえ、自然しぜんわたしたちに自然しぜん脅威きょういを「おもせ」とってくれているがします。そのこえにどうおうじるか。

 つたえたいのは「そなえて、わすれていなさい」ということ。災害さいがい想像そうぞうして準備じゅんびするが、毎日まいにちおびえる必要ひつようはない。普通ふつうらしていればいいのです。(だん


プロフィル

 1945ねん北海道ほっかいどうまれ。88ねんに「スティル・ライフ」で芥川賞あくたがわしょう受賞じゅしょう東日本大震災ひがしにほんだいしんさいかんする著書ちょしょに「はるうらんだりはしない 震災しんさいをめぐってかんがえたこと」や、震災しんさい題材だいざい小説しょうせつ双頭そうとうふね」などがあります。「みなみしまのティオ」など、どもけの小説しょうせつがけています。

あわせて読みたい