連載

毎小ニュース

最新ニュースや世界の出来事を、分かりやすく、的確にお伝えします。スクラップのための素材として最適です。

連載一覧

毎小ニュース

社会 「フランス料理ってどんな味?」 長野の小6・林さんが現地修業を本に

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
記者や家族のために慣れた手つきで「クロックムッシュマダム」を調理する林圭太さん。「生卵を乗せるのが難しい」=長野県伊那市高遠町で2020年12月5日正午、坂根真理撮影 拡大
記者や家族のために慣れた手つきで「クロックムッシュマダム」を調理する林圭太さん。「生卵を乗せるのが難しい」=長野県伊那市高遠町で2020年12月5日正午、坂根真理撮影

 長野県伊那市ながのけんいなし小学しょうがくねんはやし圭太けいたさん(12)はさくねんがつ学校がっこうを2週間しゅうかんやすんでフランスをたびしました。このほど、フランス料理りょうり修業しゅぎょうした記録きろくを1さつにまとめて出版しゅっぱんしました。タイトルは「料理りょうり大好だいすき 小学生しょうがくせいがフランスの台所だいどころおそわったこと」。そのたびは、「本当ほんとうのフランス料理りょうりはどんなあじだろう?」という好奇心こうきしん原点げんてんはじまりました。

 はやしさんは2さいときに、兵庫県神戸市ひょうごけんこうべしから自然しぜんゆたかな長野県伊那市ながのけんいなし高遠町たかとおまちうつみました。化学肥料かがくひりょう農薬のうやくたよらない「有機農業ゆうきのうぎょう」で野菜やさいこめそだてる林家はやしけには、農作業のうさぎょういそがしい農繁期のうはんきになると世界各国せかいかっこくから農業のうぎょうボランティアがやってます。フランスからたジェレミーさんは「おにいさんのような存在そんざい」で、ってくれる料理りょうりはどれもおいしく、フランス料理りょうり興味きょうみがわきました。

CFでおかねあつ

 ただ、れるのがむずかしいフランス料理りょうり食材しょくざい日本にっぽん食材しょくざいわりにしていました。「代用品だいようひんではなく、現地げんち食材しょくざいつくった本物ほんもののフランス料理りょうりべたい」。はやしさんはフランスにってみようとこころめました。フランスにくのにかかるおかねは、インターネットで必要ひつようなおかねあつめる「クラウドファンディング(CF)」でつのったり、おとしだまてたりして工面くめん修業しゅぎょうかせない包丁ほうちょうは、鍛冶屋かじやたずねて自分じぶんつくりました。

林圭太さん=長野県伊那市高遠町で2020年12月5日午前11時8分、坂根真理撮影 拡大
林圭太さん=長野県伊那市高遠町で2020年12月5日午前11時8分、坂根真理撮影

食文化しょくぶんか体感たいかん

 フランスでは各地かくちにいるいのいえをめぐって、「農民のうみんのスープ」「ポレンタ」(トウモロコシのおかゆ)など、さまざまなメニューをまなびました。牛乳ぎゅうにゅうあじくらべをしたり、マルシェ(市場しじょう)でものをしたり。レシピだけでなく、フランスの食生活しょくせいかつ文化ぶんか、「ゆっくりたのしんでべること」などおおくのことを体感たいかんしました。

 はやしさんは料理りょうりつくること、べることが大好だいすきで、1さいごろから包丁ほうちょうをにぎりました。最近さいきん名作めいさくとされるほんむことにも夢中むちゅうです。「『はしれメロス』がになっている。中学生ちゅうがくせいになったらずっと図書館としょかんにいたいな」

 「将来しょうらいゆめは?」。そうたずねると「料理人りょうりにんいやかな。ずっとちっぱなしだからあしいたい。なりたいものがありすぎてこまっちゃうんだ」とわらいしました。【坂根さかね真理まり


プロフィル

 2008ねん兵庫県神戸市ひょうごけんこうべしまれ。長野県伊那市ながのけんいなしでおとうさん、おかあさん、2ふたりおとうと、4ひきのネコたちとらしています。おさないころから台所だいどころ料理りょうりつくるなど、なにかをつくることが大好だいすきです。ニワトリをうことになり、おとうと一緒いっしょにニワトリ小屋こやつくりました。フランスで大好だいすきになったデザートは「クリームブリュレ」。

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る