中学生になる君へ/下 謎解きクリエーター 松丸亮吾さん(その1) 勉強、ゲームのように楽しく

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
松丸(まつまる)亮吾(りょうご)さん 拡大
松丸(まつまる)亮吾(りょうご)さん

 毎小まいしょうに「ひらめきラボ」を連載れんさいしているなぞきクリエーターの松丸まつまる亮吾りょうごさんは、ちいさいころから大好だいすきだったなぞきを仕事しごとにし、ブームをっています。いまいきている中学時代ちゅうがくじだい経験けいけんなぞづくりのようにたのしく工夫くふうをしてきた勉強べんきょう方法ほうほうなどをきました。【田嶋たじま夏希なつき写真しゃしん長谷川はせがわ直亮なおあき

 松丸まつまるさんは中学受験ちゅうがくじゅけんて、麻布中学校あざぶちゅうがっこう進学しんがくしました。入学にゅうがくひかえ、あたらしい友達ともだち部活ぶかつ、いろいろなことに挑戦ちょうせんすることをたのしみにしていました。中学ちゅうがくはじまる数学すうがくもそのひとつです。「自分じぶん問題もんだいつくるのがきで、なぞきよりさき算数さんすうにはまったので、数学すうがくにグレードアップしたらもっとおもしろくなるんじゃないか」と期待きたいしていたそうです。保護者ほごしゃからいろいろなことがあたえられていた環境かんきょうから、中学生ちゅうがくせい自分じぶんでやりたいことをつきつめられるようになる時期じきといいます。

記録きろくして達成感たっせいかん

 まいとしおおくの生徒せいと東京大学とうきょうだいがく進学しんがくする学校がっこうにいて、松丸まつまるさんも自然しぜん東大とうだい意識いしきするようになりました。勉強べんきょうはゲームのような、目標もくひょうをクリアすると報酬ほうしゅうがもらえる仕組しくみを自分じぶんつくり、たのしみながらつづけられる方法ほうほうかんがえたそうです。「ゲームはたのしい理由りゆうがはっきりしています。ミッションがあって、クリアするとえて達成感たっせいかんがあります。ただ参考書さんこうしょくのは報酬ほうしゅうがないのでつづかないとおもい、数学すうがく問題もんだいを10ページすすめたらゲームを1時間じかんやっていいとか、自分じぶんでやることと報酬ほうしゅうめていました」

 勉強べんきょうした時間じかん参考書さんこうしょ、ページすうをアプリに記録きろくし、勉強べんきょうしたあかしをえるかたちのこしてもいました。1週間しゅうかんで25時間じかん勉強べんきょうしたという結果けっかて「すごい! まるにち以上いじょう勉強べんきょうしてるじゃん、絶対ぜったいあたまよくなってる」という達成感たっせいかんていたそうです。

拡大

苦手にがてへのかいかた

 苦手にがて分野ぶんや陣取じんとりゲームのようにみました。おおきいかみをエリアにけて、苦手にがてみます。数学すうがくのある単元たんげんがちょっとだけ苦手にがてなら、ちいさいマスにみます。英語えいごですごく苦手にがて単元たんげんがあったらおおきいマスにむそうです。勉強べんきょうしてかったらそのマスをります。

 「苦手にがてなものほどまるときのよろこびがおおきく、そうすると苦手にがてかえるんですよ」。自分じぶん部屋へやって、世界地図せかいちずめるようにいろっていきました。「『全部ぜんぶれたら中学ちゅうがくねんせい勉強べんきょうはおしまい』のように、えてすす具合ぐあいかるようにするのはおすすめですね」=2めんにつづく


プロフィル

 1995ねんまれ、千葉県ちばけん出身しゅっしん麻布中学あざぶちゅうがく高校こうこうから東京大学とうきょうだいがく進学しんがく東大とうだいなぞ制作せいさくサークルの代表だいひょうとしてなぞきブームを仕掛しかける。なぞきクリエーター会社がいしゃRIDDLERリドラ」の代表取締役だいひょうとりしまりやくつとめ、テレビ出演しゅつえんやドラマの脚本きゃくほん、トリック監修かんしゅうなど幅広はばひろ活躍かつやくしている。

あわせて読みたい