連載

あの人に会った

小学生ら「毎小特派員」が、会ってみたい著名人らに取材した模様を伝えます。

連載一覧

あの人に会った

元英語教師の作家 木村達哉さん(その1) まねが最高の勉強法

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
  拡大
 

 ◆いにったひと

 谷口たにぐち海翔かいとさん 大阪府豊中市立東泉丘小おおさかふとよなかしりつひがしいずみがおかしょうねん

 灘中学校なだちゅうがっこう高校こうこう兵庫県神戸市ひょうごけんこうべし)で英語えいごおしえてきた木村達哉きむらたつやさん(57)はこのはる学校がっこうをやめて作家さっかになりました。毎小まいしょうで「ゆめをかなえる キムタツ先生せんせいのまいにち英単語えいたんご365」(毎週まいしゅう月曜げつよう一部地域いちぶちいき火曜かよう)を連載中れんさいちゅうのキムタツ先生せんせいに、英語えいご大好だいすきな毎小まいしょう特派員とくはいんしょう6の谷口たにぐち海翔かいとさんがまなかたのコツなどをきました。【長尾ながお真希子まきこ

 谷口たにぐちさんは小学しょうがく年生ねんせいから英語塾えいごじゅくかよい、今年ことしがつ実用英語技能検定じつようえいごぎのうけんてい英検えいけん)3きゅう合格ごうかくしました。谷口たにぐちさんが英語えいご興味きょうみったきっかけを質問しつもんすると、キムタツ先生せんせいは「世界人口せかいじんこうのおよそ4ぶんの1にたるやく15おく~20億人おくにん英語えいごはなします。『英語えいごぐらいできないと、かっこわるい』とおもったことがきっかけです」とこたえました。

 英語えいご単語たんご熟語じゅくごおぼえるコツもおしえてもらいました。キムタツ先生せんせいは「かけざん九九くくおぼえるのといっしょ」といます。「2のだんおぼえて、つぎに3のだん、4のだんすすとき、また2のだんからっていたはず。ひたすら復習ふくしゅうしながらおぼえることが大切たいせつです」。そして一番いちばんのコツとして「英語えいごる。音声おんせいきながら、こえす。そして、英語えいご出合であ回数かいすうやそう」とアドバイスしました。

 谷口たにぐちさんは電車でんしゃながれる英語えいごのアナウンスのものまねをしてみせました。キムタツ先生せんせいは「すばらしい」とたたえたうえで、「みみいて、おぼえて、まねしてえるようになるというのは最高さいこう勉強法べんきょうほうです。これからもはずかしがらないで、英語えいごのものまねをつづけてほしいですね」とエールをおくってくれました。

 作家さっかになったキムタツ先生せんせいは、新型しんがたコロナウイルスの感染かんせんおさまったら、世界中せかいじゅうどもたちに自分じぶんいた絵本えほんくばりたいとゆめかたります。「これからは、なだではなく、地球ちきゅう職場しょくばにしてきていきます。英語えいごができると、世界中せかいじゅうどこへでもけるようになり、社会しゃかいきやすくなります」=2めんにつづく


プロフィル◇

 1964ねんまれ、奈良県ならけん出身しゅっしん関西学院大学かんせいがくいんだいがく文学部ぶんがくぶ英文学科えいぶんがっか卒業そつぎょう奈良県ならけん私立高校しりつこうこうをへて、1998ねんから23年間ねんかん灘中学校なだちゅうがっこう高校こうこう英語えいご先生せんせいつとめました。

あわせて読みたい